12月17日~12月18日 富士山 アイゼントレーニング

次郎坊直下(1850m付近)雪上訓練場にて休息をとる1年生

山行報告書

日本大学山岳部

目的 アイゼントレーニング
山域 富士山御殿場口
日程 平成28年12月17日(土)~18日(日)
メンバー L. 大谷直弘(OB/監督)
4年 加藤 純
1年 近藤 歩、福島端流、新保裕也、川村洸斗、守屋勇希
合計7名

行動報告

12月17日(土)移動日

横浜22:15〜152号線太郎坊洞門駐車スペース02:25CS

定刻通り横浜を出発する。須走ルートは車両規制期間に入っており、急遽御殿場口に訓練場を移すこととする。

12月18日(日) 晴れ  気温-5℃(行動開始時標高1300m地点)

06:15 152号線太郎坊洞門駐車スペース~06:45:御殿場口新五合目駐車場~08:45次郎坊下1850m地点~(雪上訓練開始)~13:45下降開始~14:40 152号線太郎坊洞門駐車スペース

昨夜、ふじあざみラインを経て須走口5合目から雪訓場に行く計画であったが、車両規制で進入禁止となっていた。急遽、御殿場口ルートの5合目から登ることと決定した。直近の情報収集を怠っており、昔のままの感覚で来てしまった。反省しきりこの上もない。

御殿場口新5合目の入口もバリケードで閉鎖されている為、152号線から新五合目の駐車場を目指して登り始める。大石茶屋経由でブル道を辿りながら雪訓場を予定している6合目下に向う。6合目より下だが次郎坊直下の1850m付近で良い状態の雪田が有ったので、ここを雪訓場とした。傾斜も良く、雪の状態も程よく固く、アイゼンワークには最適だ。

アイゼンは気持ちよく決まる状態だが、積雪量が少なくドバーが決まらない。スクリューを打ち込みトップの支点を作る。バックアップは登山道の杭から引っぱってくる。アイゼンワーク、歩行訓練(直登、直下降、斜登高、下降、右回り、左回りの方向転換)、ザイルを固定してのFIX通過、エイト環を使っての下降、富士山特有の突風に対する耐風姿勢を取る訓練を各々行う。

先月11月26日から行われた八方での初冬合宿では、天候に恵まれずうまいこと1年生の雪上訓練が出来なかった。今回アイゼンワークを中心に富士山で補完的に行った。限られたロケーション、時間であったものの濃い訓練が出来たと思う。どんなに天気が良くても、午後からは強風に煽られたり、雲が湧き始めたり、38年前の学生時代に合宿で来ていた時と変わらなかった。他の登山者も数名上部を目指して登って行ったが、全て引き返して下りて行った。

(報告者:大谷直弘)

夜明けとともに富士山が姿を現す

御殿場口新5合目駐車場から更に雪訓場を目指し登り続ける

アイゼンが程よく決まり、斜面の角度も丁度いい感じであった

加藤副将の指導の下訓練が開始される

1年生の近藤歩、雪面でのザイルFIX通過訓練。強風で雪面の氷も舞いあがる

ザイルをFIXして直登・直下降の訓練をする1年生福島部員

FIXザイルを張って直登・直下降の訓練を繰り返し行う

エイト環を使っての下降訓練

1年生の近藤部員

雪面にアイゼンの出っ歯が気持ちよく入る

訓練を終えて駐車場下まで降りてくる (撮影:大谷直弘)
左から:川村(1年)、福島(1年)、守屋(1年)、近藤(1年)、加藤(4年)、新保(1年)

関連記事

最近の記事

  1. 6月8日~6月16日 【初夏合宿】北ア穂高連峰・横尾定着

  2. 5月26日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行②

  3. 5月25日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行①

  4. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  5. 4月19日〜2月20日 上信越 谷川岳

  6. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  7. 4月6日 丹沢 鍋割山

  8. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  9. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  10. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

PAGE TOP