3月28日~29日 奥多摩 雲取山

雲取山山頂(左から福島、近藤、田邊、川村、白土)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 体力・メンバーシップの向上
山域 奥多摩 雲取山 (鴨沢口~三峯神社)
日程 平成29年3月28日(火)〜平成29年3月29日(水)
実働2日
メンバー L.福島端流、川村洸斗、近藤歩、白土朝香、田邊カレン  以上1年生計5名

3月28日(火)入山  晴れのち雪  6℃

奥多摩駅08:42〜鴨沢09:28〜七ツ石山13:35〜奥多摩小屋CS14:30

鴨沢を定刻より少し遅れて出発。登山道入口から1時間程進むと30cm程度の積雪があったが、しっかりとしたトレースで固められていたため、スムーズに登って行く。午前中は天気が良くて心地良かったが、七ツ石山を越えた辺りから細かい雪が降り始め、雪の深さも膝まで増していた。私たちの他に登山者が10名ほどいたため、終始踏み固められたトレースがあり、当初の予定していた計画より早く奥多摩小屋CSに到着することができた。翌日の行動は長いため、早めに就寝する。

3月29日(水)  晴れ  1℃

奥多摩小屋CS06:00〜雲取山山頂07:25〜雲取山荘08:15〜白岩小屋12:50〜霧藻ヶ峰14:30〜三峯神社15:45

昨日の午後からの積雪量は10cm程度で、この日は早朝から晴れており富士山がとても綺麗に見え、一同感動した。雲取山山頂に着くと標識などが新しくなっているのに気づいた。雲取山荘から白岩小屋まではトレースが無く、積雪量も膝から腰まであったため、ラッセルとルートファインディングに時間がかかり、大幅な遅れを取ってしまった。このままラッセルが続くようであれば、もう一泊するのも考えた。白岩小屋から先は、他の登山者によるトレースがあったため、スムーズに進むことができた。霧藻ヶ峰からは、バスの最終時刻の時間が迫っていたのと傾斜が緩やかだったことから、ペースを上げてなんとか無事に三峰神社に到着することができた。雪が予想以上に多くて大変だったが、1年だけでの初めての山行を成功することができて、 とても嬉しい。

(報告者:福島端流)

雲取山山頂から見える富士山

ラッセルをこなす川村

登り口のかもさわ登山口

 

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP