2月3日 八ヶ岳 蓼科山(女神茶屋往復)

蓼科山頂上~学生18名+OB 6名の 計24名が揃う

山行報告書
(天幕懇親会山行)

日本大学山岳部

目的 蓼科山の登頂、OBとの親睦登山
山域 八ヶ岳 蓼科山(女神茶屋往復)
日程 平成31年2月3日(日)
メンバー L 大谷直弘(監督/OB)
2年 山田哲平
1年 川下景
OB 風巻和男、関洸哉、横山裕、山浦祥吾、高根澤亮太
計8名

2月3日(日)

啄木鳥山荘(OB別邸)06:30~(車両移動)~蓼科山登山口(女神茶屋)07:00~蓼科山森林限界10:30~蓼科山頂上11:00~蓼科山登山口(女神茶屋)13:05~(車両移動)~啄木鳥山荘(OB別邸)13:25 行動終了

気 象) 快晴 気温-3(行動開始時7:00)

行動報告

啄木鳥山荘からOB車両に分乗して女神茶屋登山口へ向かう。6:35の時点で駐車場はほぼ満車になりかけていた。女神茶屋からの入山は2月合宿スタートの学生18名とOB 6名の総勢24名となり、今年も賑やかな登山隊となる。

天気は予報通りの晴れ、蓼科山から編笠山まで縦走する学生隊のゆっくりとしたペースに合わせて登る。昨日も天気が良く、ルートは多くの登山者に踏み固められており、アイゼンを効かせてひたすら蓼科山を目指す。森林限界を越え展望が良くなると、ピッチも上がってくる。

森林限界を抜け、頂上に達すると360度見渡す限りの展望が待っていてくれた。風も弱く、ここ数年で一番良いコンデイションである。望める山の名前を確認し合い下降する。2月合宿縦走隊の学生とは頂上で別れる。蓼科山の登りで腰痛を訴えた白土部員は、大事をとってOB の下山組に異動して女神茶屋へ下山する。

(報告者:大谷直弘)

女神茶屋にて行動前の準備運動を行う

合宿初日、蓼科山を目指して登る。森林限界まであと少し

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP