4月12日 菅平高原 四阿山 山スキー

四阿山頂上2,354mにて(少し早い鯉のぼりと部員募集PR)
~ 新入生の皆さん、持ってます ~  (撮影:大谷直弘)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 山スキー技術の習得と四阿山の登頂
山域 菅平高原 四阿山(2,354m)
日程 平成27年4月12日(日)
メンバー L.大谷直弘(OB/監督)、鈴木快美(OG)、横山 裕(OB)、水越健輔(3年)
計4名
気象 晴れのち曇り 気温-6度(行動開始時05:45)

4月11日(土)

車両にて千石部室発22:30 →あずまや高原ホテル下駐車場着02:30車内にて 仮眠

4月12日(日)

あずまや高原ホテル下駐車場05:45~牧草地入口鉄柵6:20~根子岳分岐標識(2,200m)8:25~頂上直下リッジ9:10~四阿山頂上9:20~(同ルート下降)頂上下降10:30~あずまや高原ホテル下駐車場13:45

行動

11日夜、仕事を終わらせ千石部室にて鈴木OGと3年生の水越君と合流、あずまや高原まで車を走らせる。12日未明、あずまや高原ホテル下の駐車場に到着。“春に3日の晴れなし”と言うように天気の変動が激しい今春、何とか雨模様の間を縫って貴重な晴れの日に山スキーへ出かけることが出来た。

登山道を登るほど“雪が少なく滑って戻れるのか?”と不安がよぎり始める。もっとも、適期シーズンも過ぎてしまっているのでしょうがないと諦めて、黙々とスキーを背負って登る。標高2,200mの根子岳分岐下にてスキーをデポして頂上稜線に向って登り始める。ここまで登ると視界も良くなり乗鞍、北アルプスは槍・穂~白馬まで、頚城、中央ア、美ヶ原・霧ヶ峰、八ヶ岳、南ア、浅間山、篭の塔山、湯の丸山まで望むことができた。頂上も勿論、眺めが素晴らしい。到着後、早速ソーセージ入りラーメンを作って昼食とする。

下りは標高2,100m付近からスキーで滑り始める。まばらな灌木帯を障害物代わりに見立て、ターンを楽しみながら下降する。途中、広い斜面で登り直して春スキーを満喫する。リフトが無くても誰もいない斜面を繰り返し滑るのは楽しい。牧草地入口鉄柵下の登山道まで粘ってスキーで降りる。最後は登って来た登山道を下りて、あずまや高原ホテル上の登山道入口に無事帰着し行動を終える。高原ホテルさんにて温泉に浸かり帰京する。いい湯でした。

(報告者:大谷直弘)

頂上にて特性ソーセージ入りラーメンを食べる(左から:鈴木OG、横山OB、3年水越)

ソーセージ入りラーメンの具材一式

調理中の水越部員 のり、わかめ、シナチク、ソーセージ…

頂上稜線を戻る、南側も北側も少し細くなっている

頂上直下

北アルプスを眺めながらスキー板のデポ地点に向かいます

頂上直下の肩まで下りてくる、後方は北アルプス一直線。良い眺めです。

3年水越(右)~重い装備を背負ってヒラリヒラリと木々をかわして滑ってきます。

本日の参加メンバー:3年の水越、鈴木OG、横山OB(左から)と撮影者 大谷です。

横山OBが下り始める…至仏山ワル沢下降以来、久々の山スキー山行参加でした。

後方の山が四阿山。広大な裾野の牧草地を真っ直ぐ下りてくる。3人目が一番上でコケています。誰でしょう?

登山道を下りてきて車道に出る、ここから駐車場まで5分

日本大学山岳部 新入部員募集中です!

新入生の皆様ご連絡をお待ちしております

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP