7月26日 湘南 鷹取山

鷹取クライミングメンバー(左から 國谷、岡本、賀来、鈴木隆世)   撮影:大谷

山行報告書

日本大学山岳部

目的 鈴木部員のクライミング初期訓練、ロープワーク技術の向上
山域 湘南 鷹取山
日程 平成27年7月26日(日)
メンバー 4年 L賀来素直
2年 岡本碩土
1年 國谷良介、鈴木隆世
OB 大谷直弘 監督
日程 晴れ +33℃(行動開始時)

行動報告

7月27日(日)

07:30京急追浜駅集合~08:00岩場着~16:30クライミング終了

遅刻なく追浜駅に集合し、大谷監督とも合流する。場所とりのため、賀来と岡本のみタクシーに乗り、先にロープをセットしに岩場へ行く。気温はかなり高く他パーティーは来ていない。2年岡本に親不知ジェードルルートにトップロープをセットさせる。大まかな流れは思い出していた様だが、細かいミスが多いので確認しながら再度教える。

その間に大谷監督と1年生が到着する。ロープが岩に擦れてしまうため、親不知上部の支点は充分に長いスリングが必要である。またバックアップ兼セルフビレイ用のショートロープも必須である。9:00頃2人組パーティーが来るが、30分程で帰ってゆく。岡本に懸垂下降してもらい、トップロープによるクライミングに移る。

まず、岡本と賀来がジェードルルートを登り、必ず上級生による監視の下に1年生にもビレイしてもらう。岩場のトップには大谷監督に待機して貰う。高度感のありそうな壁に1年生は不安気だが、國谷は比較的スムーズに登りきる。鈴木は初めてのクライミングであるため、下部でロワーダウンの練習をしてから登る。鈴木も初めてとしては上手く登れていた。次にジェードルルートの次に左側のリッジ状のルートを登る。國谷はサラリと登る。鈴木は出だしに苦戦していたが、何とか頑張って登りきる。

木陰で休憩を挟み、子不知東面に移る。ここでもショートロープがあるとバックアップに使えて便利である。トップロープをセットし1年生を登らせる。登ってきた1年生を、上部で待機している賀来の監視の下で懸垂下降させる。この際、万全を期してショートロープで上部から別途確保して降りてもらう。数回繰り返したのち、鈴木にFIX通過訓練として、子不知下部の緩斜面にてザイルを固定して行う。鈴木は実際に行ったことでザイルワークへの理解が深まったようだ。撤収して追浜駅にて解散する。

それにしても非常に暑く、各自水分を4リットル以上は飲んだと思われる。それでも足りないくらいであった。高所作業が伴うクライミング、集中力と安全確認が重要だ。熱中症にならないように小まめな休憩、声掛け確認、水分補給等を意識しながら行った。公園にある管理事務所の自販機には助けられたが、売り切れや釣り銭切れもあるようなので、この時期は出来るだけ多くの水分を自分たちで持ち込みたい。

(報告者:賀来素直)

親不知ジェードルルートにトップロープをセットする。(左から岡本、賀来)

垂直登りがダイナミックなジェードルルート20mを登る岡本(2年)

ジェードルルート20mを登る賀来主将

ジェードルルート20mを登る國谷部員(1年)國谷君、初めてのトライなのにヒョコヒョコ・スイスイと登ってしまった。

ジェードルルート20mを登る鈴木隆世部員(1年)

マッチョな鈴木君、もう少し絞れてくると理想的な体躯に仕上がりますね。

親不知南面 S君ルート左の簡単なリッジ状ルート(Ⅲ級)20mを登る國谷部員

子不知の東面の簡単なフェースを使ってfix通過、クライムダウンの練習をする。

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP