8月3日~16日【夏(国内)合宿】北アルプス 剣沢定着~薬師岳~槍ヶ岳

8月5日 剱岳頂上にて

2015年度 夏合宿報告書

日本大学山岳部

目的 リーダーシップ、メンバーシップの向上
雪上技術、生活技術の向上、体力強化
山域 北アルプス 剱岳・立山連峰(剱沢定着)~槍ヶ岳縦走(剱沢~槍ヶ岳)
日程 平成27年8月3日(月)~8月16日(日)
移動1日、実働13日
メンバー 4年 CL賀来素直
3年 桧山泰平
2年 岡本碩士
1年 荒井暢之、國谷良介、鈴木隆世、高橋佑太、土井祐介、中泉雄人
OB 大谷直弘(監督 4日入山)
計10名

行動

8月3日(月)移動日 新宿(高速バス)~富山駅

新宿(高速バス)23:00~松本駅05:30

遠征隊に見送られ部室を出発する。荷物過多による乗車拒否を防ぐため2つのバス会社に分かれて乗り込む。道路が混みあい若干、バスの出発が遅れる。

8月4日(火)入山日 富山駅~室堂~雷鳥沢~剣御前小舎~剣沢BC1  晴

05:40富山駅~室堂10:40~雷鳥沢11:30~剣御前小舎14:45~15:40剣沢BC1

先に富山駅に着いた6人で後に着く3人を待つ。15分程で後発も到着する。 雷鳥沢からの登りは日差しが強く、水分補給を頻繁に行いながらゆっくりと進む。途中、土井がめまいを訴える。土井の装備を振り分け対応する。剣沢BC1へ向かうが、途中で髙橋が鼻血を出してしまう。安静にさせるとすぐに止まった。剣沢はテントだらけとなっている。それでも空いたスペースに設営し、行動を終了する。明日は好天のようなので、初めに剱岳へ登頂をすることを決め、就寝とする。

8月5日(水)剱岳アタック BC1~一服剱~前剱~剱岳~BC1 晴+10℃

剱沢BC1 04:30~一服剱05:40~前剱07:10~剱岳09:40~剣沢BC1 13:45

計画より30分遅らせ、日の出前の良く晴れた天場を出発する。若干、気温が高く感じる。問題なく剣山荘を通過し、一服剱手前でメットを装着する。前剱への登りでハーネスも装着する。前剱付近で今度は鈴木が鼻血を出したためしばらく休む。ただ出ただけで、体調には変化ないようである。前剱過ぎの鎖場から本格的な危険箇所である。やはり各鎖場でのセルフビレイをつけながらの行動は時間がかかるが、上級生による指導のもと、安全に通過する。大谷監督にも見て頂き、大変助かった。山頂に着くとガスってしまい少々残念である。帰りも同様に時間をかけながら通過する。前剱からの下りで荒井がビリヤードの球程の石を落とし、前にいた桧山の指に当たる。出血したので消毒する。髙橋も下りで左ひざをぶつけたという。BCに帰幕後は、剱岳を眺めながらゆっくり過ごす。

 

8月6日(木)雪訓1日目 BC1~別山~真砂岳~内蔵助カール~BC1 晴+10℃

剣沢BC1 05:00~別山06:00~真砂岳07:00~08:00内蔵助カール13:40~15:10剣沢BC1

別山に到着し、晴れているうちに大谷監督に視界に入る山の概念を教えて頂く。内蔵助山荘に挨拶をしてから雪訓に入る。まずは直登・直下降、八の字歩行を行う。雪は程よくしまっており、雪訓にちょうど良い。鈴木も初めての雪訓ながらよく頑張っている。滑落停止訓練を行うが、初夏と比べてよく止まるようになっていた。そのままグリセードも行う。中泉と、スキーが好きだという國谷が特にうまい。ビレイ訓練でも中泉、國谷が要領よくこなせていたようだ。一方でかけ替えを忘れていたり、理解の甘い1年生もいた。雪訓を終え、帰りは真砂、別山は巻き道にて帰幕した。

8月7日(金)雪訓2日目 BC1~別山~真砂岳~内蔵助カール~BC1 晴+6℃

剣沢BC1 05:00~07:00内蔵助カール14:00~15:20剣沢BC1

真砂、別山巻き道を使い、早めに雪訓場に到着する。歩行、滑落停止をおさらいし、ビレイ訓練をやり直す。さすがに大きな間違いは少なくなってくるが、足場の具合、ロープの手繰り方など、細かく修正していく。さらにFIX工作訓練に移る。2班に分かれ、岡本、桧山がそれぞれ並行して工作してもらう。1年生にはインクノットの付け外し、ビレイも行ってもらった。13:30、大谷監督が室堂へ下山する。

8月8日(土)BC移動日 BC1~剣御前小舎~雷鳥沢BC2 晴+12℃

剣沢BC1 05:00~剣御前小舎06:15~08:00雷鳥沢BC2

今日もまた晴れである。重荷ながら剣御前小舎に着き、雷鳥沢を下る。キャンプ場に着くと、かなりのテントが張ってある。テントを設営し、乾かし物と装備発送・入浴をする。

8月9日(日)BC2~室堂~龍王岳~獅子岳~五色ヶ原キャンプ場CS1 晴+11℃

BC2 05:00~室堂06:00~龍王岳07:50~獅子岳10:00~12:10五色ヶ原キャンプ場CS1

快晴、体調良好ということで、早速縦走を開始する。不要装備がないので荷物も随分と軽くなった。浄土山まで気持ちよく登り、稜線もよい景色である。槍が小さく見え、美しい五色ヶ原も良く見える。國谷が足に虫刺されがあり、歩くたび靴と擦れて痛むというので荷物を分ける。アップダウンが激しく、鬼岳過ぎには短いハシゴもあるため、気を抜かず慎重に通過する。五色ヶ原に着くと、午後は昼寝等して過ごす。

8月10日(月)CS1~鳶山~越中沢岳~スゴ乗越小屋CS2 晴+10℃

五色ヶ原キャンプ場CS105:00 ~05:55鳶山~08:00越中沢岳~11:55スゴ乗越小屋CS2

越中沢岳までは比較的緩やかである。ペース配分に気を付けて確実に進んでゆく。越中沢岳からの下りは急で長い。もし悪天であったなら少し厄介な道である。スゴ乗越からは樹林帯の急な登りである。少し不安定な箇所があり、ロープが垂らしてある。スゴ乗越小屋のキャンプ場は狭いが、空いていたので広い箇所にテント設営をした。お盆休みということで次々と登山者が天幕し、びっしりとテントで埋め尽くしてしまった。夜は蚊が多く出た。

8月11日(火)CS2~間山~北薬師岳~薬師岳~薬師峠キャンプ場CS3晴+10℃

CS2 05:00~06:10間山~07:50北薬師岳~09:00薬師岳~11:00薬師峠キャンプ場CS3

小さな羽虫にたかられながらスゴ乗越小屋を出発する。すぐに森林限界を越え、爽やかな稜線歩きである。北薬師岳からの稜線は狭く、薬師岳までそれなりに長いので集中を切らさないよう、慎重に歩く。薬師岳からは長くてなだらかな下りである。薬師峠手前の樹林帯だけは若干険しいので油断禁物である。薬師峠キャンプ場の水場、トイレともに非常に使いやすい。

8月12日(水)CS3~太郎山~北ノ俣岳~黒部五郎岳~黒部五郎キャンプ場CS4 曇+11℃

CS3 05:00~太郎山05:15~北ノ俣岳07:00~黒部五郎岳10:00~黒部五郎キャンプ場CS4

北ノ俣岳までは景色のよいなだらかな登りである。珍しく朝から曇り気味である。合宿開始からずっと好天続きであるが、いよいよ明日は天気が崩れそうである。黒部五郎岳への急登はトップの岡本がペースを速める。肩まで着くと、ザックをデポして山頂へ向かう。曇りではあるものの、景色も良く素晴らしい山であると感じる。黒部五郎キャンプ場へ到着すると、遡行を終えたであろう装備のパーティーが多かった。

8月13日(木)黒部五郎キャンプ場CS4 停滞 雨

ここまでノンストップで来ており、朝から雨ということで停滞とする。することが無いのでひたすらラジオを聴く。鈴木はさすがに疲労が溜まっているのか、眠り続けていた。

8月14日(金)CS4~三俣蓮華岳~双六小屋CS5 雨+15℃

CS4 05:00~三俣蓮華岳07:00~09:00双六小屋

雨の中撤収し出発する。ペースを守って慎重に歩く。三俣蓮華岳で写真を撮り、双六小屋へは巻き道を使う。双六小屋に設営するが、天場はすぐに他の登山者でいっぱいとなる。午後から雨が止み、濡れた装備を風に当てる。岡本から、V8テントの出入り口が破損したと報告を受ける。とりあえず安全ピンでとめておく。テントの状態、部員の状態、今後の天候を考慮し鷲羽岳往復は中止と決定した。周囲の混み具合をみて、槍ヶ岳山荘の天幕スペースが心配になる。

8月15日(土)CS5~樅沢岳~千丈乗越~槍ヶ岳~槍ヶ岳山荘CS6 晴+4℃

CS5 04:00~04:30樅沢岳~07:50千丈乗越~08:45 槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳山荘10:30~11:10槍ヶ岳~12:10 槍ヶ岳山荘CS6

天場確保のため、1時間出発を早める。ライトを点けての行動なので慎重に進む。いよいよ槍が大きく見える。最初の鎖場手前でハーネス、メットをつける。千丈乗越まで鎖場が多い。全て時間をかけて丁寧に通過する。槍ヶ岳山荘にはまだテントは少ないので、一番広い箇所に張らせてもらう。槍ヶ岳へは渋滞であるが、鈴木を含め1年生はしっかりと登ってゆく。早々に写真をとり、下山する。

8月16日(日)下山日 CS6~横尾~上高地 晴+5℃

CS6 05:00~09:00横尾山荘~11:30上高地

下山日である。1年の中泉にトップをやらせ、岡本に指導をさせながら歩く。途中のババ平は工事中で、小屋を作っているようだ。横尾から上高地へは談笑しながら歩いた。

総括

海外遠征と並行した合宿となったため、上級生が少なく、登攀を組み込まない計画となった。そんな中で大きな怪我もなく、無事ほぼすべての行程をこなすことが出来たことは大きな収穫である。1年生はもちろん、2,3年生の二人が期待以上に頑張ってくれ、合宿を成功に導いてくれた。また、脱落者がなかったのは間違いなく2人が注意喚起を怠らずに、普通なら無視するような小さな危険でも全て知らせ続けたことが大きいと思う。この姿勢を今後も持ち続けてもらいたい。今合宿は1年生にとって大きな財産となったことだろう。特に登山が初めての鈴木はよく頑張っていた。上級生含め、反省点は対策し、確実な成長につなげていきたい。

(報告者:賀来素直)

8月4日(火)立山室堂から入山、目指すは剱沢BCへ

雷鳥沢から別山乗越への登り(20日分の荷物は1年~4年まで均等に…皆、ちと重そう)

8月4日 14時45分 剱御前小屋到着

8月5日 剱岳頂上を目指す~後方は剱山荘と剱御前2776m

8月5日 剱岳往復  前剱を順調に通過する

8月5日  剱岳頂上へ

剱岳(2999m)頂上到着
剱の頂上から新東京国際空港にいる出発間際のザンスカール登山隊に電話を入れる

剱沢BCにて

8月6日 雪訓1日目 剱沢BCより内蔵助カールを目指す、別山2874mにて

内蔵助山荘にご挨拶し、カールの底から雪訓場の斜面に向う(左上は丸山中央山稜)
今年も日大の雪訓が始まる…・内蔵助カールに威勢の良い掛け声がこだまします。

合宿参加1年生6名(左から荒井、高橋、國谷、中泉、土井、鈴木隆)全員
元気です!さぁ、6月の穂高涸沢(初夏合宿)で行った復習ですよ…・

8月7日 雪訓2日目 この日も剱沢BCから内蔵助カールを目指し行動開始

毎年、内蔵助で雪訓をしていますが今年は雪が少ない~稜線から雪が後退している

日大山岳部が内蔵助カールで雪訓を始めたのが昭和40年頃からと聞いているので、
かれこれ50年近くお世話になっております、歴史を感じます
今年も、雪訓の汗が内蔵助のカールに吸い込まれて行きます。(カールの底にて)

雪訓の出だしはいつも直登、直下降訓練からです

歩行訓練:直登、直下降に続いて斜登高、斜下降、方向転換・・・・・

滑落停止訓練開始…・雪が少ないので傾斜を求めて稜線近くまで上がっていく
左から1年 荒井、鈴木、中泉、土井、高橋、号令をかけているのは2年の岡本

滑落停止訓練…通称“ジッヘル訓練”今年は雪が少なく斜度がありません

滑落停止、反転動作時にピッケルのピックがシッカリ雪面に入っているか…・
チェックしに行く2年の岡本(滑落停止者:1年の土井)

引き続いてロープワークの訓練
確保訓練開始:確保者、滑落者、上級生(指導)で1チーム3人編成を3チーム作る

肩がらみ確保訓練中の1年の荒井、滑落者は同じく1年の鈴木、指導は3年の桧山

肩がらみ確保中の1年中泉、滑落担当者は1年鈴木、指導担当は3年桧山

滑落者の鈴木はダイナミックに滑落していくが、中泉は制動を効かせながら上手く停止させている(肩がらみ確保の練習)このあと・・・腰がらみ、オートロック、ATC、8環、半マスト、スタンディング、グリップ、仮固定操作(一部)と確保訓練は延々と続く

スタンディング・ビレイを練習中の1年生の土井、滑落担当は4年の賀来主将

グリップ・ビレイを練習中の1年土井、賀来主将がロープを手繰る手さばきを教える

訓練の合間に各自バケツへ戻り水分とレーションの補給をする

大谷監督、ありがとうございました!

夏山合宿 後半縦走(立山~薬師~野口五郎~槍ヶ岳~上高地)

8月8日 剱沢BCを撤収して雷鳥沢CSに移動開始:これから縦走が始まる

別山乗越にて

8月9日、竜王岳を通過し獅子ヶ岳(2741m)到着、まだ立山エリアを脱していない

8月9日 遥か前方に薬師岳と黒部五郎岳を望む、槍までは遥か遠い

8月10日 越中沢岳到達~まだまだ余裕がある、着衣もまだキレイ?

8月11日 薬師岳到達
頂上稜線からは東側に北から金作谷カール、中央カールとデカいカール地形が望める

8月12日 黒部五郎岳到達~左後方に槍を望む

8月14日 停滞翌日雨の三俣蓮華岳到達

8月15日 西鎌尾根を登り切り遂に槍の肩へ到着

槍から表銀座を望む…中央のピラミダルな山は常念2857m、手前の赤い屋根の
小屋は 殺生ヒュッテ、その後方東鎌尾根上に小さくヒュッテ大槍が望める

最後のピーク、槍ヶ岳

8月16日 槍の穂先へ…1年生 高橋~ザックが軽いと笑顔が弾けます

ウヒッヒッ、登ってしまいました槍ヶ岳~1年の鈴木隆(山岳部の合宿初参加なのに
山屋の雰囲気は一番醸し出している…なんか4年生見たい)

槍ヶ岳頂上にて、後列左より1年生 國谷、中泉、土井、前列4年賀来主将(自撮り)

最終ピークの槍ヶ岳頂上~渋滞中にガスってしまいました、残念です

関連記事

最近の記事

  1. 5月26日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行②

  2. 5月25日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行①

  3. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  4. 4月19日〜2月20日 上信越 谷川岳

  5. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  6. 4月6日 丹沢 鍋割山

  7. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  8. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  9. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  10. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

PAGE TOP