3月29日〜3月30日 八ヶ岳 蓼科山

蓼科山頂上にて

山行報告書

目的 蓼科山登頂・アイゼンワーク
山域 北八ヶ岳・蓼科山
日程 令和5年3月29日(火)~30日(水)前夜発1泊
移動1日、実働7日、停滞2日
メンバー 3年 角野将也
2年 許 方于
L. 大谷直弘(監督/OB)
学生2名+OB1名 計3名

行動報告

3月29日(火)(移動日)

20:05 東急東横線綱島駅集合~監督車両にて移動~23:00女神茶屋Ⓟ(就寝)

監督車両で出発をする。女神茶屋Ⓟ到着後、翌日のパッキングを済ませ就寝をする。

3月30日(水) 晴れ‐1℃(入山時)

06:05女神茶屋~07:35 2,110m道標~08:00幸徳平~08:55森林限界~09:40蓼科山頂上(10:45まで頂上)~11:35幸徳平~11:50~2,110m道標~13:00女神茶屋Ⓟ下山

行動前の準備体操、パルスチェック、ビーコン発信・受信チェック、メットの装着を終え5分遅れで女神茶屋Ⓟより行動を開始する、出発時間遅れは反省。アイゼンは行動開始から装着して登り始める。最初の1本を短く35分で区切り、小キジ・タイムと各自の登山靴、足の状態、アイゼンバンドの緩みなどを無いかをチェックしてもらう。

天候も良く、楽しい1日を予感させる。森林限界直下の急登も好調にピッチを上げていき、順調に高度を上げていく。角野、許両部員もアイゼンをつっかけることなく、シッカリと登れている。森林限界からは上は雪もなく歩きづらかったが、頂上直下は雪が残っており、問題なく計画通りのタイムで頂上まで登ることが出来た。

お天気も良く、風もなく頂上では昼食におでんを作って食べる。頂上からの展望を心ゆくまで楽しむ。今回、角野、許 両部員のアイゼントレーニングを目的としたが、登下降共に上手く歩けている。下山時もゆっくりと、休憩を多めにとって下降し出発点の女神茶屋Ⓟに戻って来る。

(報告者:大谷直弘)

 

森林限界直下

頂上火口

頂上で昼食のおでんを作る

女神茶屋Ⓟへ下る

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP