7月8日 丹沢 玄倉川水系 小川谷廊下

小川谷入渓地点(左から横山OB、鈴木OG、川村2年、福島2年、新保2年、國谷3年、大谷OB)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 沢登りを経験する
山域 西丹沢 小川谷
日程 平成29年7月8日(土)
メンバー L. 大谷直弘(OB/監督)
3年 國谷良介
2年 川村洸斗、新保裕也、福島端流
OB 鈴木浩太郎、鈴木快美、横山裕
計8名

行動報告

7月7日(金)移動日 横浜~丹沢ビジターセンター駐車場(車両移動)

横浜21:45〜丹沢ビジターセンター駐車場(仮眠)24:15

予定通り横浜を出発し車両にて丹沢湖の丹沢ビジターセンターに向う。今年は玄倉の林道が規制されているので丹沢ビジターセンターまで車両で行き仮眠を取ることにする。

7月8日(土) 晴 気温 23°

丹沢ビジターセンター05:00~小川谷出合(立間大橋手前)の分岐6:00~穴の平橋手前下降地点6:10~入渓地点6:40~ツルツル大岩9:55~デッチ沢上部壊れた堰堤13:40~穴の平沢手前下降地点14:45~小川谷出合(立間大橋手前)の分岐15:00~丹沢ビジターセンター16:15

台風の通過で直前まで天気が心配されたが当日は晴れ、非常に暑い林道歩きからのスタートとなった。ビジターセンターから入渓点までは1時間半ほど。林道から沢への下降は急斜面のため慎重に下りる。下降点の目印は右手に石垣が現れたら石垣を乗り越える。石垣からは小さな尾根にそって沢筋に下降して行く。

沢に下りてから入渓準備を整える。行動を開始すると直にF1、F2と現れる。F1は軽く越え、F2は残置スリングがあるが少々難しいため、セカンド以降は上からザイルを垂らし引き上げる。F 3は國谷がリードで登り、2年生を引き上げる。2年生は積極的に釜に飛び込み滝を直登してくる。鈴木OBから沢での支点構築や確保技術について教わりながら進んでいく。

シャワークライムの連続により、新保が寒さを訴えたため大岩で長めの休憩を取り温まる。大岩を越えても新保の体の冷えは取れずペースが落ちてきたため、荷物を分け、横山OBに新保のザックを持っていただく。川村と福島は元気で懲りもせずに沢に飛び込み、水流の真ん中を突破し、泳ぎ、へつり、登る。小川谷の核心部を次々に突破していく。

F10は右岸の巻道を國谷がトップでザイルを固定して通過する。左が半壊した堰堤をくぐりゴーロに出たところで再度休憩を取る。新保の体調もだいぶ回復してきたようだ。壊れた堰堤の手前から踏み跡を辿り林道(中澤径路)に出る。更に車道からビジターセンターまで下降し、駐車場にて行動を終了する。

(報告者:國谷良介)

3年生國谷部員をトップに行動を開始する。

F8を鈴木OB、3年國谷がトップで登りあとに続く。

左から:横山OB、鈴木快美OG、川村2年、福島2年、新保2年、國谷3年、鈴木浩太郎OB

川村特集:2年川村はほぼ全ての滝を直登した。

2年川村は長身と手足の長さも活かして突っ張りながら上手く登ってくる。

2年川村:水流の強い直登は残置ロープに助けられながら登る。

参加学生メンバー左から:川村、福島、國谷、新保

2年川村:泳ぐ、泳ぐ!

2年新保:泳ぐ、戻される、泳ぐ、取り付く…

最後のゴーロ帯に出て、ここからは林道経由で丹沢ビジターセンターへ下山する。

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP