11月19日 飯能 日和田山

左から 高橋(3年)、氏神(1年)、野上(1年)、三丸(1年)、前田(1年)、福島(1年)、近藤(1年)  撮影:岡本(4年)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 アイゼントレーニング
山域 飯能 日和田山
日程 平成29年11月19日(日)
メンバー 4年 L岡本碩士
3年 高橋佑太
2年 近藤歩、福島端流
1年 氏神拓真、野上博史、前田雄飛、三丸隼
計8名

行動報告

11月19日(日) 晴れ

高麗駅08:10~08:40岩場~(クライミング)~岩場16:00~16:30高麗駅

朝の電車が若干遅れていたため、10分ほど出発が遅れる。駅には大勢の人がおり、岩場は混雑することが予想された。髙橋、近藤、福島には先に岩場に向かってもらい、ロープを張っておいてもらった。

岩場に着くと既に多くの人で賑わっていた。早々に準備を済ませ、先発隊3名と合流する。2年生に1年生へアイゼントレーニングの説明をさせ、早速トレーニングを始める。混雑しているので他のクライマーに気を付けるよう注意を促す。始めは登ることに苦戦していた1年生も何回か登るうちにコツをつかんだようだ。続いてアイゼンを付けた状態で懸垂下降に移る。こちらは苦手意識の抜けない1年生もいたが概ねできるようにはなった。混雑の影響で懸垂下降が終わるころには15時を回っており、その後、数本自由に登って撤収を開始した。

今回はアイゼントレーニングということであったが、1年生は冬の槍ヶ岳をイメージしてトレーニングを行うことができ、良い経験になったと感じている。今回、明確なイメージを掴んでくれたはずなので、それを胸に秘めて初冬合宿、そして冬合宿に臨んで欲しい。

(報告者:岡本碩士)

 

関連記事

PAGE TOP