9月10日~9月14日 南アルプス 白峰三山

農鳥岳山頂にて

山行報告書

日本大学山岳部

目的 白峰三山の登頂
生活技術の向上
山域 南アルプス 白峰三山
日程 平成29年9月10日(日)~平成29年9月14日(木)
移動1日、実働3日、停滞1日
メンバー 4年 岡本碩士
2年 L.新保裕也、田邊カレン
1年 前澤優太、前田雄飛、山田哲平、渡辺悠介
計7名

9月10日(日)移動日 晴れ

バスタ新宿10:45~13:00甲府駅~16:00広河原CS1

予定通りバスタ新宿に集合し出発する。甲府駅-広河原間はバスを利用する。到着後すぐにテントを設営し、就寝までまったりと過ごす。1年生は初めての個人山行であり、少々興奮気味である。天候を考慮し、明日の出発を1時間早めることとする。

9月11日(月)曇り 14℃

広河原CS1 04:50~08:00大樺沢二俣~10:00北岳肩ノ小屋~10:45北岳~11:30北岳山荘CS2

4時に起床し、各自で持参した朝食を摂る。広河原を出発し、大樺沢二俣まで緩やかな登りを進む。右俣に差し掛かると山田が遅れ始め、ペースを調整し対応する。他の1年生は余裕そうで、山田を励まし登っている。コースタイムよりも1時間早く肩ノ小屋に到着する。山田がバテこそしたが、キツイ登りではない。稜線上、北岳山頂はガスで展望がない。写真撮影を済ませ早々に北岳山荘へ下る。岩稜帯である肩の小屋-北岳山荘間でメットを着用した。今夜から明日に掛けて風雨の予報である為、明日は停滞とする。予報通り夕方から風が強まってくる。

9月12日(火)停滞 風雨 10℃

昨夜遅くから朝方にかけ、テントが変形する程の風が吹く。しかし雨は弱い。天候は午後から回復に向かった。今年度の夏合宿で悪天の中の停滞を経験している為、慣れた様子でテント生活を満喫している。

9月13日(水)晴れ 8℃

北岳山荘CS2 05:50~中白根山06:20~間ノ岳07:30~農鳥岳09:30~間ノ岳12:00~北岳山荘CS2 13:15

4時30分に起床し、出発する。雲海の広がる晴天で風も弱い。快調に進み間ノ岳、農鳥岳を登頂する。間ノ岳-農鳥小屋間はかなり広い尾根状になっているが、ペンキで書かれた目印通りに通過する。農鳥岳頂上はテントが張れそうな広さである。西農鳥岳直下-農鳥岳間は岩稜になっておりヘルメットを着用した。帰幕後も晴天が続き、外でゆったりと過ごす。夕食に、高野豆腐を使った麻婆豆腐を食べた。とてもおいしい。

9月14日(木)下山日 晴れ 5℃

北岳山荘CS2 05:50~北岳06:40~北岳肩ノ小屋07:15~大樺沢二俣08:40~広河原09:55

4時に起床し、出発する。気温が低く風もある為寒い。北岳山荘から北岳山頂まで1時間程上る。踏み跡がいくつかあるが、ペンキで書かれた目印通りに進む。頂上には肩ノ小屋から上ってきた登山者が多い。北岳山荘-肩ノ小屋間はヘルメットを着用した。肩ノ小屋から小太郎尾根分岐まで広い稜線を歩く。右俣を下っていくと、どんどん暑くなってくる。急坂の割には下りやすい道であり、1年生もスムーズに下っている。広河原に到着し、乗合タクシーに乗車、そのまま甲府駅近くの銭湯まで行く。バスよりも若干割高だが、甲府に早く着ける。

総括

個人山行に初めて参加する1年生を4名連れて行き、山やテント泊の楽しさをメンバー全員で味わうことができた。良い個人山行になったと思う。また、私は今山行にリーダーとして参加し、計画を一から立てたり、天候やメンバーの様子から今後の行動を決定したりする経験を積むことが出来た。今後も積極的に個人山行を企画していきたい。

(報告者:新保裕也)

間ノ岳山頂への道を行く バックには北岳

北岳山頂

北岳山荘からの景色

農鳥岳山頂にて 2年田邊と富士山

関連記事

最近の記事

  1. 5月26日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行②

  2. 5月25日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行①

  3. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  4. 4月19日〜2月20日 上信越 谷川岳

  5. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  6. 4月6日 丹沢 鍋割山

  7. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  8. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  9. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  10. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

PAGE TOP