5月20日 飯能 日和田山

日和田山にて集合写真

山行報告書

日本大学山岳部

目的 ロープワーク技術の向上、登攀技術の向上 (第一陣)
山域 飯能 日和田山
日程 平成29年5月20日(土)
メンバー 4年 L高根澤亮太、岡本碩士
3年 國谷良介
2年 川村洸斗、近藤歩、白土朝香、新保裕也
1年 金澤仁秀、野上博史、原島千尋、村上洋道
OB 賀来素直コーチ、大谷直弘(OB/監督)
計13名

行動報告

08:00高麗駅(集合)~08:30岩場~(クライミング開始)~15:30岩場(クライミング終了)~16:00高麗駅(解散)

高根澤主将、國谷、川村、賀来コーチは他部員より早く集合し、岩場へ向かう。賀来コーチの指導の下、女岩南面、西面チムニーの2か所にロープを張った。ボルトの緩んでいる支点があり、設置後増し締めを行った。長年の使用で緩んできているものが多いためスパナは常に持っていくのが良いだろう。

その後全員と合流し、軽く体操、注意事項の説明をして訓練を開始する。1年生はトップロープでのクライミングとビレイを3回ずつ行った。初めての岩場でのクライミングであったが皆積極的に登っていた。ビレイに関しては、事前にクライミングジムで経験していたこともあり思いの外スムーズにできていた。岩場には続々と他パーティが集まり非常に混雑していた。

昼食後は懸垂下降訓練に移る。まず、上級生で手順を説明し手本を見せてから1年生も実際に取り掛かる。はじめは怖がっている者もいたが、徐々にコツをつかみうまく降りられていた。クライミングはもちろんのこと、ビレイや懸垂下降も基本的なロープワークとして1年生には初夏合宿前の良い訓練になっただろう。今後が楽しみだ。

(報告者:國谷良介)

女岩右ルートを登る野上部員

原島部員も外岩初挑戦です

クラックを抜けきって笑顔の村上部員

原島部員と白土部員

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP