1月14日 日本山岳会学生部 マラソン大会

日本大学山岳部・OBチーム 全員集合
後列左から:石川重樹OB、大井OB、田邊(2年)、高橋(3年)
鈴木快美OG、大谷OB、鈴木弘之OB、
國谷(3年)、近藤(2年)、村上(1年)、
前列左から:新保(2年)、岡本(4年)、福島(2年)、
氏神(1年)、渡辺(1年)、前田(1年)、野上(1年)、藤本(1年)
撮影:古野
※高根澤(4年)、川村(2年)~事務局

第54回 日本山岳会 学生部 マラソン大会報告

主催者 公益社団法人 日本山岳会 学生部
場所 皇居(周回コース)
日程 平成30年1月14日(日) 12:15開始
気象 晴れ 気温8度(競技開始時)

◎出場校

早稲田大 専修大 大同大 芝工大 明治大 東京大 東海大 東京 医科歯科大 神奈川大 学習院大 立教大 名古屋工大 慶応大 東京農大 法政大 拓植大 日本大

◎本学参加者

4年 CL高根澤亮太、岡本碩士
3年 高橋祐太、國谷良介
2年 田邊カレン、福島端流、川村洸斗、近藤歩、新保裕也
1年 前田雄飛、原島千尋、藤本武流、村上洋道、氏神拓真、野上博史、渡辺裕悠介

◎OBチーム

団体戦出場 大井凡、石川重樹、鈴木快美、鈴木弘之
個人戦出場 大谷直弘

◎応援

古野 淳(OB)

計22名

〇開会式・点呼

各大学全員集合して開会式が行われる~このあと大学対抗団体戦がスタートする(皇居桜田門)

〇団体戦レース

1チーム4人1組で実施された団体戦(1人5km×4人)に、日大山岳部から4組が出場しました。

第1区 第2区 第3区 第4区
① 日大Aチーム 福島(2年) 國谷(3年) 渡辺(1年) 岡本(4年)
② 日大Bチーム 氏神(1年) 前田(1年) 野上(1年) 近藤(2年)
③ 日大Cチーム 田邊(2年) 新保(2年) 村上(1年) 高橋(3年)
④ 日大OBチーム 大井 石川(重) 鈴木(快) 鈴木(弘)

【Comments】~学生部マラソン大会で団体戦2位!

1月14日、日本大学学生部のマラソン大会が開催。団体戦では、明治大に続き、日大Aチームが2位にはいりました、Bチームも6位に入り頑張りを見せました。

試合は、1区2年生の福島が1位でたすきを渡すと、2区3年の國谷が3位で戻ってくるも、3区で1年生の渡辺が再び1位に順位を戻す。アンカー4年の岡本が1つ順位を下げましたが、2位をキープしてゴールしました。昨年の3位から順位をひとつ上げました。今年も全員よく頑張りました。

◆団体戦順位詳細
1位 明治大A(75:41) 2位 日大A(77:34)  3位 慶応大(80:08)
4位 東京農大 5位 早稲田 6位 日大B(84:31) 7位 専修大A 8位 立教大
9位 学習院OB 10位 慶応大B 11位 専修大OB 12位 東京大 13位 拓殖大
14位 混合 15位 混合 16位 日大C(96:03) 17位 混合 17位 法政大
19位 日大OB(99:37) 20位 専修大B

団体戦のスタート

団体戦スタート~ 各校第1走者が勢いよく走り始める

Aチームの走り

第1走者の福島から第2走者の國谷へと襷(スリング)リレー

第2走者の國谷から第3走者の渡辺へ襷リレー

団体戦出場チームのメンバー紹介

① 日大A(花の精鋭チーム) 左から:國谷(3年)、渡辺(1年)、岡本(4年)、福島(2年)

② 日大B(奮え日大チーム) 左から野上(1年)、氏神(1年)、前田(1年)、近藤(2年)

③ 日大C 左から高橋(3年)、新保(2年)、村上(1年)、田邊(2年)

④ 他大混成チーム 左から 原島(1年)、藤本(1年)

〇個人戦レース状況

◆個人戦順位
1位 東京農大 59:37 2位 本学 福島(60:02) 3位 東京農大(60:25)……・
11位 國谷良介(67:12)…16位 氏神拓真(73:36) 17位 野上博史(73:58)
18位 岡本碩士(75:04)19位 渡辺悠介(75:29) 20位 近藤 歩(77:00)…・…・
25位 前田雄飛(78:40)…34位 藤本武流(83:32)35位 田邊カレン(85:13)
…・45位 村上洋道(93:19)… 47位 高橋佑太(93:28)48位 新保裕也(94:06)
52位 原島千尋(100:01)  ※大谷直弘 非公認(79:58)

個人戦15キロ、60人が 一斉にスタート(桜田門)

番外編 ~JAC学生部マラソン大会 : 2年生 福島端流 の場合

福島端流 部員(文理学部 地理学科 2年)写真は個人戦(15キロ)を2位でゴールする

オレの季節がやってきた。部活のラントレに始まり、奥武蔵フルマラソン、日本山岳会学生部マラソン大会(大学山岳部対抗)…・走ろう、走ります、走る、走る時、走れば、走れ…・これぞ“福島祭り”と言っても過言ではない。山岳部はフィジカル、メンタル、テクニックそして経験値、これらが備わっていないと山では冷静な判断はできない。

その中でも大事なのが走力。走力を高め、心臓をバクバクさせることは歩荷も同じ。歩荷力は学生山屋の基本中の基本。山岳部でトレーナーを務めるオレは、いつでも順位と記録にもこだわる。常にタイムは3:15/キロを目指す。まぁ、とにかく監督も走るのでオレも頑張る、皆も頑張る。桜田門をトップで駆け抜け、春(ハル)の風を呼びこむのだ。

そぅ、オレは フクシマ・ハル

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP