11月28日 富士山 アイゼントレーニング(1回目)

アイゼンとレーニングを終えて(左から:前田、國谷、田邊、氏神、渡辺、村上、高根澤)
撮影:大谷直弘

山行報告書

日本大学山岳部

目的 雪上トレーニング
場所 富士山 御殿場ルート6合目付近
日程 平成29年11月28日(火)
メンバー 4年 L高根澤亮太
3年 國谷良介
2年 田邉カレン
1年 氏神拓真、前田雄飛、村上洋道、渡辺悠介
OB 大谷直弘 監督
計8名

11月27日(月)

横浜綱島駅22:00〜24:30太郎坊洞駐車場

綱島駅で夕食を済ませ、監督の車両に乗り込む。太郎坊洞側道の駐車スペースに到着後、手早く設営を済ませて就寝する。

11月28日(火)晴れ 気温-8℃

太郎坊洞側道駐車スペースCS05:10〜05:50御殿場口〜07:30次郎坊直下(雪上訓練開始)~11:40雪上訓練終了~13:00御殿場口~13:35太郎坊洞側道駐車スペース

各自、朝食を済ませ不要な荷物を監督の車にまとめる。空には星が輝いており、雲もほとんどないようだ。1時間ほどで御殿場口5合目駐車場に到着する。うっすら見える富士山は白く色づいていた。雪訓場に向かう途中で氏神と前田が靴擦れによる痛みを訴えたため、テーピングをさせる。

更に登り続け次郎坊下の雪面で雪訓を開始する。監督が一年生と歩行訓練を行う。先ずは緩斜面で直登・直下降、斜登高・斜下降、方向転換、アイゼンを付けた場合の山足、谷足の向きについて注意しながら訓練する。富士山特有の耐風姿勢についても教える。その間、高根澤と國谷で若干傾斜がある上部の斜面に1ピッチロープを張った。雪が浅く、バーは3分の2程しか刺さらないが雪が固く安定しているため抜けることはなさそうだ。

歩行訓練を終えた1年生にFIXの登・下降訓練を行わせる。もう1ピッチザイルを伸ばし、上部から半マストでの下降訓練を行った。気温が高く10時頃から徐書に雪が腐り始め、バーが効かなくなる。1ピッチ懸垂下降を行い、訓練を終えた。予想以上に気温が高く、風も穏かな中、訓練ができたことは喜ぶべきなのか複雑な気持であった。さらに厳しい気象条件の中で訓練が行えていれば、1年生の精神面の訓練にもなっていたと思う。ともあれ、予定していた訓練内容をすべてこなす事が出来た。雲の湧き始めた富士山をあとに御殿場口5合目へと下山する。

(報告者:高根澤亮太)

先ずはウォーミングアップを兼ねて緩斜面で直登・直下降、斜登・下降、方向転換等 を行う。この時点で既に雪面が軟らかくなりかけてきた。初夏、夏山合宿の復習である。

斜度を少し上げた斜面でFIX通過(登高・下降)の訓練を行う。

ザイルを何とか2ピッチ張り、FIX通過の手順を繰り返す。冬山合宿を想定しての訓練となる

やはり…富士山の斜面は他では換えがたいロケーションだ。右奥に少し見えるのが富士山頂上の一部

半マストによる下降訓練を行う

訓練中のメンバー

訓練を終えて御殿場口5合目駐車場を目指して下山する

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP