11月28日~12月1日【初冬合宿】北アルプス 八方尾根

11月30日 唐松岳頂上
後列左から:宝迫、井上、水越、中田、篠崎   前列左から:高根澤、賀来、加藤
(撮影:山浦)

2014年 初冬合宿報告書

日本大学山岳部

目的 生活技術の確立、歩行・雪上技術の向上、
リーダーシップ・メンバーシップの向上
場所 北アルプス後立山  白馬八方尾根
期間 平成26年11月28日(金)~12月1日(月)
移動日1日、実働4日、下山日1日
メンバー 4年 CL山浦祥吾
3年 SL賀来素直、M宝迫哲史
2年 井上理、加藤純、篠崎さやか、水越健輔
1年 高根澤亮太、中田航平
以上9名

行動

11月28日(金)移動日

新宿(高速バス)18:00~22:30白馬八方バスターミナル

白馬八方バスターミナルにてビバークをする。改めてテントを確認すると、V6の前室ベルトがないので、V4のものを付けて設営し就寝する。

11月29日(土)入山日 白馬八方~八方尾根スキー場~八方池山荘~八方池BC雨後風 +8℃

白馬八方バスターミナル07:25~八方尾根スキー場07:40~09:40兎平10:10~八方池山荘12:50~15:45八方池BC

気温が高く、雨が降っている。雪が少ないためゴンドラアダムが動かない情報が入る。2時間ほど早く出発する予定だったが、2年のひとりが体調不良を訴え、行動可能か否か打ち合わせに少し時間を要す。症状が軽いため、一緒に行動をすることを山浦が決定、スキー場の登り口へ向かう。ゴンドラは動いておらず、兎平へ向け登り始める。時折雷が鳴る。雪の無いゲレンデと管理用の車道を通って兎平へ到着、しばし休憩する。重荷と雨の中、1年生は辛そうだったが、良くがんばっていた。それでもペースが上がらないため、荷物を上級生に分ける。アルペンクワッド辺りでようやく雨が止み、10cm程度の積雪が出てくる。八方池山荘からの稜線は風が強くなり、ペースが上がらない。八方山で積雪は20cm程度である。強めの風の中、八方池にBCに到着、設営をしっかりと行いテントを固定する。期間の後半は強い冬型になりそうなため、明日30日に唐松岳にアタックをすることに決定する。

11月30日(日)唐松岳アタック日 八方池BC~唐松岳~八方池BC 晴後曇+1℃

八方池BC06:10~唐松岳頂上山荘12:00~唐松岳頂上12:50~八方池BC16:20

風も雨も無く、良く晴れているが好天も長くは続きそうに無い。軽いラッセルを交代しながら進む。頂上山荘手前の雪壁にFIXを1ピッチ張り残置する。露出した岩場にはボルトがいくつか打ってあった。山荘にザックをデポして頂上へ向かう。北東側には小さいながらも雪庇があるので注意した。剣岳がはっきりと見え、記念撮影をして降りる。下りはFIXを回収しつつ、新たにFIXを1ピッチ張る。1年生はスムースに通過できていた。時間より遅れてしまっているので先を急ぐが、1年生のペースが落ちる。特にペースダウンしている高根澤に賀来が付き添い、帰幕する。1年の高根澤と中田の体温を測ると、二人とも38~39度の熱があった。二人を先に休ませ、荒天に備えて防風ブロックの構築とテントの固定を強化する。

12月1日(月)下山日 八方池BC~第二ケルン(雪訓)~八方池BC~八方尾根スキー場~白馬八方 風雨 +4℃

八方池BC06:00~06:30第二ケルン11:10~11:40八方池BC13:30~白馬八方17:10

夜は大して風は吹かず、変わりに雨が降る。昨日作った防風ブロックも、溶けて崩壊している。高根澤と中田はまだ体調が優れないので、山浦主将がテントに付き添い、残りの2、3年生は第二ケルンまで雪訓に行く。雪はさらに少なくなっており、ビーコン捜索訓練とFIX訓練のみを行う。雨と風が強くなってきており、雪訓の続きはBC周辺で行おうこととし、八方池BCまで戻り、土嚢による支点作成訓練をする。激しい雨で八方池BC周辺の雪は溶け、今夜からの冬型に耐えられるベースではなくなる。また、体調不良の1年生二人と悪天を考慮し下山を決定する。急いで撤収し、BCを出発する。気温は徐々に下がってきており、雪になってくる。八方池山荘まで頑張ってもらい、一気に下山する。17:30の最終バスに間に合い、体調不良の1年生二人を優先して乗り込ませ帰京させた。

総括

雪の多かった昨年と打って変わって、少ない積雪のうえに雨が降るという、雪上訓練としては条件の悪い合宿となった。しかし、唐松岳アタックに成功したことは、今後の活動を考えて行く中で良い判断基準となった。1年生には冬山の楽しさを、2年生には下級生に対する責任を感じてもらえれば幸いである。

(報告:賀来素直)

八方尾根から鹿島槍を望む

11月30日 八方尾根から唐松岳を目指し登り始める

八方尾根上部稜線

八方尾根上部、主稜線とのジャンクション直下のFIXをする宝迫(3年)

唐松岳頂上直下

唐松岳頂上

冬山合宿の目標…剱岳です

帰りの1ピッチFIX準備中

八方池BC、降雨によりブロック崩壊

 

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP