8月31日~9月2日 中央アルプス 木曽駒ヶ岳

9月1日 宝剣岳頂上

山行報告書

日本大学山岳部

目的 中央アルプスを楽しむ
山域 中央アルプス (木曽駒ヶ岳~宝剣岳)
日程 2015年8月30日(日)~9月1日(火)
移動日1日、実働2日
メンバー 4年 L賀来素直
2年 岡本碩土
1年 荒井暢之、土井裕介

行動報告

8月30日(日)移動日 新宿(高速バス)~駒ケ根駅  雨

新宿(高速バス)19:30~駒ケ根駅23:20

時間に余裕をもって部室を出発し、新宿に到着する。バスは時間通り新宿を発車する。駒ケ根に到着後駅へ向かい、翌日の朝食を買うなどして駅の構内にて寝る。

8月31日(月)入山日 駒ケ根駅(タクシー)~黒川平~北御所登山口~伊那前岳~中岳~駒ヶ岳頂上山荘CS  曇り後雨

駒ケ根駅(タクシー)6:40~黒川平7:20~北御所登山口8:45~うどんや峠11:00~伊那前岳13:20~中岳14:00~駒ヶ岳頂上山荘CS14:20

始発前の4:30頃に起床する。朝食を済ませ、駅のベンチで計画通りバスを待つ。6:30になり偶然出会った登山客から大雨の影響でバスとロープウェイが運休になっていることを知る。代わりにタクシーで北御所登山口を目指す。しかし黒川平のゲートが閉まっており、仕方なく黒川平から徒歩で先を目指す。しばらく歩きやすい淡々とした道を歩く。蛇腹沢登山口から樹林帯に入り、ようやく山道らしくなる。七合目付近からようやく視界が開けてくる。ここまではコースタイムを上回るペースで登ることが出来た。しかし七合目を過ぎたところで土井が足をつってしまい、ペースを落とす。またこの頃から雨が少し降るようになり、雨具を着る。宝剣山荘に着くころには強い風にも吹かれ、一面がガスに覆われて視界は30m程となる。駒ヶ岳頂上山荘は他の登山客がおらず、さらに小屋も無人でカギがかけられている。閑散とした天場にテントを設営し、凍えながらテントに逃げ込む。ロープウェイが運休しているため、翌日の行動を宝剣岳以降の計画を諦め同ルート下降とすることする。

宝剣頂上への登り

9月1日(火)下山日 駒ヶ岳頂上山荘CS~木曽駒ヶ岳~駒ヶ岳頂上山荘CS~宝剣岳~北御所登山口~駒ケ根駅  雨 8℃

駒ヶ岳頂上山荘CS4:50~木曽駒ヶ岳5:05~駒ヶ岳頂上山荘CS5:20~宝剣山荘5:50~宝剣岳6:20~宝剣山荘6:50~北御所登山口10:50~駒ケ根駅

食事、撤収が早く済んだので若干出発を早める。不必要な装備は山荘に置いたため、木曽駒ヶ岳にはあっという間に到着する。あたりはガスで覆われており景色は全く見えない。写真だけ撮り、すぐに山荘に戻る。全装備をザックに詰めて宝剣山荘を目指す。山荘に到着後、風はそれほど強くないので宝剣岳に登ることにして、不要な装備を山荘に置く。天気が悪いので慎重に鎖場を通過し、山頂に到着する。想像していたよりも狭い山頂であるが良い場所だ。悪天で景色が見えないのが悔やまれる。その後、宝剣山荘に戻り来た道を下山する。順調に進むことが出来たおかげで午前中に北御所登山口に着く。

(報告者:岡本碩士)

関連記事

最近の記事

  1. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  2. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  3. 4月6日 丹沢 鍋割山

  4. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  5. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  6. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  7. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  8. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  9. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  10. 1月30日  丹沢 鍋割山

PAGE TOP