5月15日 丹沢 四十八瀬川 勘七沢遡行 小草平下降

勘七の沢入渓地点二俣にて 左から高根澤、水越、宝迫 (撮影:大谷直弘)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 沢登り技術の向上(遡行・下降)・体力強化
山域 丹沢 四十八瀬川 勘七の沢遡行~小草平沢下降~鍋割山~塔の岳縦走
日程 平成27年5月15日(金)
メンバー L大谷直弘(OB/監督)、宝迫哲史(4年)、水越健輔(3年)、高根澤亮太(1年)
以上4名
気象 晴れ後曇り 気温15°(行動開始時)

タイム) 千石部室2:30~大倉バス停4:00(監督車両)~大倉バス停4:30~二股
5:30~F4 7:00~F5大滝8:15~ゴルジュ9:05~源頭部三俣10:00~
花立山荘10:30~大倉尾根堀山の家下小草平沢源頭10:58~二股13:50~
鍋割山15:40~塔の岳16:55~大倉バス停19:30(解散)

行動報告

勘七の沢を遡行し、隣の小草平沢を下降し鍋割山から塔の岳を縦走した。今回、沢の下降を経験して貰うことを目標の1つとして、2年以上に参加して貰った。台風の影響もあり勘七の沢は水量が多かったが、多少の水浴びも苦にならない時期となった。楽しい沢登りのシーズンがやってきた。前半にメインの滝が集中している勘七の沢だが、F4、F5(大滝)とザイルを出しながら慎重に登る。宝迫部員は水越、高根澤両部員に適宜指示を出してくれている。両部員とも沢の経験を積んできているので、手際よく行動している。中盤以降のゴルジュ帯の通過も要所ではザイルを出して登る。源頭を詰めて、花立山荘にてこの日初めての休憩を入れる。上級生のパーティーだとこの位のペース配分で丁度いい。

小草平沢の源頭部分を1/25,000の地図で確認してから下降する。小さな滝はクライムダウン、傾斜やホールドの厳しい滝は、大谷が上で確保をして下りた。ピンが無い所や怪しいピンは木や石などの自然物を利用、併用してアップザイレンで下降する。二股に戻り、計画ではミズヒ沢を継続遡行の予定であったが、タイムリミットを過ぎたので、遡行をカットして計画後半の鍋割山~塔の岳までの縦走行動に入る。

今回、最終的に15時間行動と少し長めのタイムになったが、これも当初の計画書通り。前半の勘七の沢は遡行を楽しみ、小草平沢の下降は普段あまり経験しない行動を取り入れた。遡行中のアクシデントに対応できるため、また、北海道の山のように沢を登・下降のルートとして使用している山域もあるので、沢の下降も山では重要な技術と考える。以前より1度は学生に経験をさせておきたかった。後半の縦走は体力強化で頑張って歩いて貰った。夏の大きな計画に向けて良いトレーニングが出来た。全体的に中身の濃い山行が出来て良かった。

(報告者:大谷直弘)

新緑の勘七の沢

勘七の沢 F4 2段12mの通過

F5上の小ゴルジュ帯の通過

花立山荘に到着、まだまだこれから先は長い

小草平沢下降 F4 7mのアップザイレンする

小草平沢 F2 12mのアップザイレンする宝迫部員

鍋割山頂上到着

塔の岳頂上到着

 

関連記事

最近の記事

  1. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  2. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  3. 4月6日 丹沢 鍋割山

  4. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  5. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  6. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  7. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  8. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  9. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  10. 1月30日  丹沢 鍋割山

PAGE TOP