11月12日 日本山岳会学生部クライミング大会

午前9時、開会式が行われるためボードの前に集合する。

クライミング大会報告書

日本大学山岳部

主催者 公益社団法人 日本山岳会 学生部
場所 神奈川大学 横浜キャンパス内(クライミングボード)
日程 平成28年11月12日(土) 9時開始
出場者 トップロープ部門 田邊カレン(1年)、白土朝香(1年)
リード(ミドルクラス) 國谷良介(2年)
大会事務局(運営・進行) 高根澤亮太(3年)
応援:新保裕也(1年)、川村洸斗(1年)
古野 淳、大谷直弘…以上OB
以上8名
気象 晴れ 気温16度(競技開始時)

競技報告

第5回を迎える日本山岳会学生部クライミング大会に、本学から2年の國谷と1年の田邊、白土の計3名が出場した。

田邊、白土はトップロープ部門に参加、左(A)と右(B)ルートを各々1回登り、タイムと到達ポイントで競う。國谷のリード部門も同じになる。トップロープ部門で白土が23位田邊が34位、リード・ミドルクラスで國谷が7位と参加者全員が健闘した。

また、JAC大会事務局で競技会の進行を務めた高根澤部員(3年)も運営スタッフとして参加した。

(報告者:大谷直弘)

リード部門、競技前の白土部員(写真右)少し緊張気味です。頑張れ朝香!

白土部員:写真右~ホールドに手がかかり動き始めるとタイムの計測が開始される。

中間地点に達した白土部員~これから傾斜が徐々に増してくる、頑張れ朝香! 徐々に上腕がパンプアップしてくる。

白土部員のクライミングを後列で見守る田邊部員

続きましてBルートに挑戦する田邊部員、スタート前の合図を審判に行う。頑張れカレン!

田邊部員(写真右)もハングボードを軽快にそしてグイグイ登って行く。

リード部門で出場 右(B)ルートを登る2年生國谷部員、あと僅かでトップ到達です。

リード部門 右(B)ルートを登る2年生國谷部員。秋の澄んだ青空、乾いた空気が爽やかだ…

リード部門出場(A)ルートを登る2年生國谷部員。

大会閉会式後の集合写真。

左から:川村(応援)、國谷(2年)、田邊(1年)、白土(1年)、新保(応援)

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP