1月22日 菅平高原 根子岳 山スキー

根子岳頂上にて2,207m (撮影:大谷直弘)
左から 加藤(4年)、福島(1年)、國谷(2年)、近藤(1年)、新保(1年)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 山スキーによる登山、山スキー技術の習得
山域 菅平高原 根子岳スキー登山(2,207m)
日程 平成29年1月22日(日)
メンバー L. 大谷直弘(OB/監督)
4年 加藤 純
2年 國谷良介
1年 福島端流、新保裕也、近藤 歩
計6名
気象 晴れ 気温-7度(行動開始時8:35)

行動報告

1月21日(土)

車両にて横浜発21:00 →菅平高原奥ダボススキー場駐車場01:15

1月22日(日)

奥ダボスエリア(ビートリフト)8:35~奥ダボス第1トリプルリフト最高点9:10~避難小屋1794m10:15~根子岳頂上11:00~避難小屋1794m11:35~奥ダボス第1トリプルリフト最高点12:00~奥ダボスエリア(ビートリフト)13:10(行動終了) 13:30~15:00までスキー場ゲレンデにおいてスキーの練習を行う。

今年の1年生は山スキーに興味がある部員が多く、要望に応えて今年も根子岳に行って来た。行動前、駐車場にて山スキー、兼用ブーツの装着と取り扱いについて説明をして、目標の根子岳を望みルートの説明をする。夜明け頃から頂上付近には雲がかかり始めており、山頂付近は風が強そうだ。本日は冬型の合間に当たったと言う感じだが、冬型が崩れた時でも、上空に寒気が入っていると風が強くて寒い。明日からはまた冬型になる予報。毎年来ているが、1月の根子は晴れても風の強くない日に当たったことがない。

リフトを乗り継ぎ、奥ダボス第1トリプルリフト最高点にてシールを装着して順調に登りはじめる。このルート、日曜日となれば山スキー、スノーシュー、ボーダーと賑やかなルートである。1年生も初めてにしては、直にコツを掴んだかシールを雪面に捉えながら登ってくる。頂上手前の樹林帯を突き抜けて少し登ると、頂上の祠が見えてくる。

頂上からの視界はない。風が強いので集合写真を撮って、頂上直下の風下に退避して下降の準備に入る。シールを外していよいよ下りに入る。2年生の國谷君を先頭に、根子岳の頂上から一気に下り始める。後続の登高者との接触を避ける為、下降ルートは南西寄りに取る。避難小屋上部で登高ルートに合流する。

1年生は全員がスキー経験者であり上手く滑ってついてくる。山スキーに大変興味があるようで楽しみな存在だ。戻って来た奥ダボス第1トリプルリフト頂上駅で、昼食としてお汁粉を作って食べる。風が強く寒い中での行動だったので、体も暖まりひと落ち着きと言った感じだ。駐車場へ全員で降りて行き登山行動を終了する。空身になってから15:00までゲレンデ場にてスキーの練習を行う。帰路、真田の湯に浸かり帰京する。

(報告者:大谷直弘)

頂上までシールで登り頂上からスキーで無事下りてくる。写真右後方のピークが根子岳。 左から:新保(1年)、加藤(4年)、近藤(1年)、國谷(1年)、福島(1年)  (撮影:大谷直弘)

先頭の新保君はいつも一生懸命登る、2番手の近藤君は少し余裕、3番手は福島君 根子岳頂上へ登るハイウエイルートです。

標高を上げていくと、気温が下がり雪もしまりシールの効きも良くなっていく。

避難小屋とほぼ同じ標高地点にて1回目の休憩をとる。

根子岳の頂上~ネコと言うことでジャガーポーズの近藤と新保です。

頂上直下まで下り、シールをスキーから外しヘルメットを装着して滑り降りる準備をする。余裕の1年生新保部員です。

下降のトップは2年生の國谷部員からスタートを切る

シールを外し、下りはじめる~トップは2年生國谷部員

昼食にお汁粉を作る。3メーカーのミックス(IYのPB、アマノフーズ、井村屋)残り物ですが、全部混ぜて作ってみました。

1年生の新保部員~“もちも美味い!”

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP