2月1日 南アルプス 入笠山

入笠山頂上にて1,995m 左から 白土(1年)、田邊(1年)  (撮影:大谷直弘)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 スノーシューによる登山
山域 南アルプス入笠山(1,995m)
日程 平成29年2月1日(日)
メンバー L. 大谷直弘(OB/監督)
1年 白土朝香、田邊カレン
計3名
気象 晴れ 気温-8(行動開始時8:35)

行動報告

1月31日(火)

車両にて横浜発22:00 →富士見パノラマスキー駐車場01:30

2月1日(水)

富士見パノラマスキー場駐車場 8:20~ゴンドラ乗場08:30~ゴンドラ頂上駅08:50~入笠山登山口08:55~やまびこ荘09:25~入笠山頂上10:15~やまびこ荘11:00ゴンドラ頂上駅12:15~ゴンドラ乗り場12:30~富士見パノラマスキー駐車場12:40~行動終了…ゲレンデ場にてスキーの練習

今回、女子部員のスノーハイクを入笠山で計画しスノーシューで頂上まで行くことにした。当日は朝から快晴、文句のつけようのない良い天気になった。ゴンドラリフト頂上駅から入笠湿原~やまびこ荘~マナスル山荘を経て頂上に至るコース。我々のパーティーの他、本日の様な平日でも多くの登山者がやって来ていた。

スノーシュー付ける程の積雪でもないが、練習と思って履いてみる。女子部員の感想は“足ヒレ”を付けているみたいとの感想が返ってくる。危険な箇所は全く無く、マナスル山荘から短い樹林帯を抜けると、視界の開けた頂上に飛び出す。頂上からのパノラマは素晴らしい。後立山、槍穂、乗鞍、御嶽、中央ア、南ア(甲斐駒、北)、富士山、金峰山、八ヶ岳、霧ヶ峰、根子・四阿山まで360℃の大展望が開ける。

記念写真と山の名前を確認して頂上を後にする。途中のやまびこ荘にて特製“豚汁”を作って昼食とする。冬の陽だまりの中、まったりと流れる時間は体にも精神的にも良い。来たルートを戻り、ゴンドラ頂上駅から下りリフトに乗ってスキー場駐車場に戻る。

午後から今週間末の蓼科山スキー山行に備えてスキーの練習をパノラマスキー場にて行う。秋田出身の白土部員は上手く滑っており、スキー6回目の田邊部員も頑張って滑っている。行動終了後、スキー場下の町営の“ふれあいの湯”にて汗を流して帰路に着く。

(報告者:大谷直弘)

登山コース入口はゴンドラリフト頂上駅の前にある。ここから行動開始です。

スノーシューを履いて登り始める~感想は足ヒレを付けているみたい…でした。

山彦荘を経て林道を辿ると10分でマナスル山荘に到着する。ここから頂上を目指して樹林帯の登りとなる。

マナスル山荘は営業をしておりました。

頂上直下~頂上は遮るものは何もない。風も弱く陽光もやさし迎えてくれた。左後方は蓼科山。蓼科山は2月4日の天懇山行で頂上を目指します。

頂上にて~後方は八ヶ岳。

頂上からのパノラマ写真~後立山、槍穂、乗鞍、御嶽、中央ア、南ア(甲斐駒、北)、富士山、金峰山、八ヶ岳、霧ヶ峰、根子・四阿山まで360℃の大パノラマが開けます。

今回のスペシャルレーションは豚汁。ベースの豚汁セットにホタテ、ウインナー、薄切り餅、
豚の小間切れ肉を大量にトッピング投入する。コトコト煮込んで豪華な昼食を作ることにする。

快晴の下、一生懸命モグモグ…・野外で食べるアツアツの豚汁は美味い!

頂上から入笠湿原へ下りてくる。

ゴンドラリフト頂上駅のスキー場目指して登り返す。

最後の緩やかな登り返し。ここまで来るとスキー場まであと少し。

帰りは一旦、ゴンドラでスキー場の駐車場まで下りる。

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP