7月8日 塔の岳 政次郎尾根

令和5年7月8日 塔の岳山頂にて~視界ゼロ残念でした  (撮影:大谷)

山行報告書

 

目的 1年生の靴慣らし、体力強化、リーダーシップ・フォロワーシップの向上
山域 塔の岳 政次郎尾根
日程 令和5年7月8日(土)日帰り
メンバー 3年 L.三橋壌二
1年   黒木佳太
OB   大谷直弘 監督
計3名

行動報告

気  象)曇り時々雨  気温19度

07:40渋沢駅(集合)07:48~08:05大倉バス停(バス移動)08:25~10:00作治小屋~10:10
政次郎尾根登山口~12:00政次郎尾根分岐~13:05塔の岳~14:05政次郎尾根分岐~15:20
政次郎尾根登山口~16:50大倉バス停16:55~渋沢駅(解散)

 07:40に渋沢駅に集合し、大倉バス停行きのバスへ乗車する。土曜日ということであったが、他の登山客は15人ほどと少なかった。天気が芳しくないせいであろうか。定刻通りに大倉バス停へ到着し、トイレ、レイヤリングやウォーターロ-ディングを済ませて出発する。

出発後は林道ということで、談笑しながら軽快に進んでいく。するといきなり、黒木がカバンの中を確認したいというので確認させると、「バスの中にレーションを忘れてしまいました」とのこと。バスは出発してしまっており取りに行くこともできないで、大谷監督と自分のレーションを分けることにした。過ぎたことは仕方がないと、気を取り直して歩き続ける。

10:10に政次郎尾根登山口へ到着。政次郎尾根では風が吹いており、蒸し暑さもなく快適に登っていく。加えて、人数が少ないこともあってか隊の歩行ペースは良く、黒木もばてたり転んだりすることなく歩けていた。政次郎の頭手前までくると小雨が降りだしたので、レインウェアを着て行動する。表尾根に出てからは、風が強いうえに地面がぬかるんでおり、歩きづらい。そうした状況でも、黒木は転ぶことなく歩けており、安心感すら感じさせてくれる。それからは、時折出会う登山者と道を譲り合いながら塔の岳に到着する。山頂は吹き曝し状態となっていたため、集合写真を撮ってすぐに下山を開始する。

依然として登山道のコンディションは悪いため、慎重に下っていく。政次郎尾根に入ったあたりで風は弱まり、秦野市街も垣間見ることができた。その後もほとんど転倒することなく良いペースで下っていき、政次郎尾根登山口へ到着。黒木曰く、靴擦れや膝の痛みなどの不調はないようで安心した。16:50に大倉バス停へ到着し、整理体操を済ませて渋沢駅行きのバスへ乗車し山行を終了とする。

今回は、黒木の靴慣らし山行ということで塔の岳政次郎尾根を登った。レーション忘れを起こしてしまったことは残念であるが、黒木の歩行や体力面での問題は特段見受けられなかった。夏合宿までにより多くの山行経験を積み、実りある合宿にできるように努めてもらいたい。

(報告者:三橋 壌二)

大倉バス停から戸沢に向けて、水無川左岸の戸川林道を行く

1本目の休息時にログをとる、コンパスと地図で現在地と進行方向の確認

戸沢より政次郎尾根を登り始める

関連記事

最近の記事

  1. 5月26日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行②

  2. 5月25日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行①

  3. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  4. 4月19日〜2月20日 上信越 谷川岳

  5. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  6. 4月6日 丹沢 鍋割山

  7. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  8. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  9. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  10. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

PAGE TOP