5月21日 新入生靴慣らし山行

鍋割山山頂にて

山行報告書

目的 1年生の靴慣らし
リーダーシップ・メンバーシップの向上
山域 丹沢 鍋割山
日程 令和5年5月21日(日)
メンバー 3年 L三橋壌二
1年 曹 婉婷、鈴木大翔
OB 大谷直弘監督
学生3名+OB1名 計4名

行動報告

5月21日(日)曇り時々晴れ18℃

07:45渋沢駅集合07:55(タクシー移動)~08:10大倉バス停08:30~二俣10:10~後沢乗
越11:00~12:20鍋割山山頂12:50~後沢乗越13:50~二俣14:40~16:10大倉バス停(バス
移動)~16:30渋沢駅解散

 日曜日ということで、大倉行きのバスは多くの登山客で混みあっていた。そのため、渋沢駅からタクシーで大倉へと移動し、大谷監督と合流する。パッキング、読図、靴紐の結び方を指導し、体操を済ませて出発する。出発後はしばらく林道歩きであり軽快に歩を進めつつ、30分ほどで本日初めての一本を取る。一年生二人は現在地の把握が難しいようで、読図に
手間取っていた。

その後も一本を挟みつつ順調に進む。二俣を通過後、しばらくして登り道へと入る。登りということでゆっくりと進むが、湿度が高く汗が噴き出してくる。しかし、登山道が整備されたのか、以前に来た時よりも歩きやすく、気持ちよく登ることができた。途中で一本を取った際には、曹のザックにはヤマビルが群がり、鈴木はヤマビルに噛まれたりと丹沢の洗礼
を浴びていた。後沢乗越を通過後は急登が続くため、一本をこまめに取りながら進み1時間強で山頂に到着。山頂はあいにくの天気であり眺望は望めなかったが、皆、登りきった達成感で充実しているようであった。

30分ほど談笑し、山頂を後にした。地面がぬかるんで滑りやすくなっているため、ゆっくり慎重に下っていく。後沢乗越の手前まで来たところで、一年の曹がひざの痛みを訴える。話を聞く限り、筋疲労によるひざの痛みだと判断し、曹の荷物全てを大谷監督が担いでくださることになった。そのためか曹の膝の痛みは軽減したようで、順調に下っていき大倉に到着。

今回は一年生を交えての初めての山行であった。一年生二人は疲れたようで、下山後は満身創痍であった。初夏合宿までに少しでも体力向上ができるように、共に精進したい。とはいえ、疲れながらも楽しそうに登っている様は、見ていて気持ちが良かった。これからも一緒に登れることを楽しみにしている。

(報告者:三橋壌二)

鍋割山へ向けて出発!(大倉バス停にて)

鍋割山頂直下

山頂での談笑

二俣にて

丹沢で鹿に遭遇

関連記事

最近の記事

  1. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  2. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  3. 4月6日 丹沢 鍋割山

  4. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  5. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  6. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  7. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  8. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  9. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  10. 1月30日  丹沢 鍋割山

PAGE TOP