2月3日  八ヶ岳 蓼科山

令和6年2月3日 蓼科山頂上にて                (撮影:古野 淳OB)

山行報告書

 

目的 厳冬期蓼科山の登頂、アイゼン歩行経験を積む
山域 八ヶ岳 蓼科山
日程 令和6年2月3日(土)
メンバー 3年 三橋壌二
2年 田畑天
1年 星野伶旺
OB  L.大谷直弘監督、國谷良介コーチ、米山未羽コーチ、古野 淳OB
学生3名+OB4名 計7名

行動報告

気象)晴れ-8℃(行動開始時)

白樺湖畔 啄木鳥山荘06:45(OB車両移動)~07:05女神茶屋07:30~森林限界10:30~蓼科山頂上10:55~森林限界11:40~女神茶屋13:15(OB車両移動)~白樺湖畔 啄木鳥山荘13:40

 06:00に起床し朝食をとる。本日は天気が良いことから、女乃神茶屋登山口駐車場がいっぱいになることを考慮して、予定時刻より早く啄木鳥山荘を出発する。07:05に女乃神茶屋到着、すでに駐車場はほとんど埋まっていたが、ギリギリ滑り込むことができた。駐車場でアイゼン装着等の身支度を済ませて、07:30に出発する。今年は暖冬ということもあり、例年よりも雪が非常に少なく、序盤の樹林帯は積雪がほとんどなく快調に進んでいく。実戦でのアイゼン歩行が初めての星野がいるため、注意喚起をこまめに行う。その後も順調に進んでいき、幸徳平を超えて山頂直下の急登に入る。幸いにも凍結箇所はなく、アイゼンを引っかけさえしなければ特に問題はない。10:30に森林限界を超え赤旗を設置していると、谷側より日大コールが聞こえ、國谷コーチと米山コーチと合流する。我々より1時間以上遅く入山したはずなのに、まさか追い付かれてしまった。10:55に蓼科山山頂に到着、記念撮影を済ませて、しばし休憩する。山頂からは、360度のパノラマ風景を堪能する。二月合宿で行く予定の爺ヶ岳や南アルプスまで望むことができた。
10:55に山頂を後にする。下りでは岩や木にアイゼンを引っかけないように慎重に進み、13:15に女乃神茶屋へ到着。行動開始から終了までアイゼンを装着して行動することが出来た。1年生の星野部員にとってはいいアイゼンワークとなった。早くコツを掴んでシッカリと行動できるようになって欲しい。行動終了後、白樺湖畔のすずらんの湯で汗を流し、今晩の懇親会の準備に勤しんだ。

                               (報告者:三橋壌二)

1ピッチ目の休憩~アイゼンチェックをする1年生の星野部員

2,113m付近~トレースがしっかり残っておりアイゼンがきまる

唐松林を行く

蓼科山頂上~左後方の山は乗鞍岳、後方は槍穂から右へ後立山が連なる

無事に登頂し、下山する

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP