3月8日~3月10日 谷川岳 JAC学生部雪上講習会

↑ 谷川岳、頂上

2012年度個人山行(JAC学生部 谷川岳雪上講習会)

日本大学山岳部

場所 谷川岳
期間 平成25年3月8日〜3月10日
メンバー 学生…宝迫哲史(1年)、古野OB、学習院大学4名、ガイド1名、JAC青年部1名

JAC青年部1名3月8日(金)移動日

15:30長津田駅集合。学習院大学のメンバー4名と合流し、中山さんの車で谷川岳ロープウェイのりばに向かう。駐車場にてビバーク。

部室(東京文京区千石駅)17:43~バスタ新宿18:20~松本駅22:07

3月9日(土)ロープウェイのりば〜天神平スキー場〜雪洞〜谷川岳山頂〜雪洞  晴

7:00ロープウェイのりば〜7:15天神平スキー場〜14:00谷川岳山頂〜15:00雪洞

ロープウェイを使い、天神平スキー場まで上がる。30分ほど移動して本部のテント設営を開始する。テント設営後、雪洞を作り始める。ガイドの方から作り方を教わり、3人で役割を分担し雪洞を作る。3分の1ほど終わった頃、翌日の天候を想定して、急遽谷川岳を目指すことが決まる。

学生5名、ガイド1名、青年部1名の計7名が、谷川岳の山頂を目指して出発。ハーネスとアイゼン装着。天候は晴れ、風は少し強め。顔の凍傷に気をつけるように言われる。雪の上は黄色っぽくなっており、ガイドの方曰く、中国から飛んできた黄砂だそう。頂上手前で休息。雪庇に気をつけるよう指示がある。風がとても強かったためオキノ耳までは行かず5分程で下山を開始する。

雪洞まで戻り、少し休憩してから雪洞構築を再開する。当初3人で寝る予定だったが、隣の雪洞の場所が、運悪く水の通り道となっており、完成しなかったため6人で寝ることになる。日没前に6人が広々寝ることが出来る程の雪洞が完成する。日没と同時に6人が雪洞内に入り夕食。20:00就寝。

3月10日(日)雪訓〜下山  曇り後雪

8:00雪訓〜12:15下山開始〜13:00ロープウェイ乗場〜14:00解散

ビーコン捜索とロープワークについて学ぶ。昨日の読みが当たり天候が崩れる。下山を開始する。風が強く下山時には吹雪いており、視界が悪く慎重に下山する。12:50天神平スキー場到着。13:00ロープウェイ乗場に到着。14:00解散。

3月10日(日)雪訓〜下山  曇り後雪

慣れないメンバーで山に登ることに、最初は不安であったが、とても楽しむことが出来た。雪洞やロープワーク、ビーコン捜索など講習会で得られる知識はとても多かった。またそれを実際に体験出来たのは自分にとって良かった。学習院大学の食事の準備やユニークな行動食など、日本大学とは違ったルールがあり、とても興味深かった。学習院大学の先輩方やガイドの方からは、様々なアドバイスをいただいた。まだ初心者である私にとっては、スキルアップにつながることばかりであった。今回の講習会で得たことを今後の活動で活かしていきたい。

(報告者 宝迫哲史)

↑ 雪洞、掘削訓練

↑ 谷川岳頂上から

↑ 雪洞の中で

 

関連記事

最近の記事

  1. 6月8日~6月16日 【初夏合宿】北ア穂高連峰・横尾定着

  2. 5月26日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行②

  3. 5月25日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行①

  4. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  5. 4月19日〜2月20日 上信越 谷川岳

  6. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  7. 4月6日 丹沢 鍋割山

  8. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  9. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  10. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

PAGE TOP