7月15日~7月16日 越沢バットレス

個人山行報告書

日本大学山岳部

日時 2012年7月15~16日
場所 越沢バットレス
メンバー 4年 飯田祐一郎
3年 関洸哉、横山裕
2年 山浦祥吾
1年 賀来素直、金原守人、須郷直也、田仲航

大倉バス停8:00~二俣9:00~後沢乗越9:45~鍋割山10:45~塔の岳12:25~
~大倉尾根下降~大倉バス停14:50

越沢バットレスの岩場について・・・東京都

●概要

奥多摩の御岳山に源を発し、大きく弧を描くように越沢が多摩川に注いでいる。その下流の右岸に別名金毘羅岩と呼ばれる越沢バットレスがある。奥多摩の中では比較的大きなクライミング練習場で高度差役80m、幅70mのスケールを有し全体的に傾斜もきつく、経験者にむいている。岩は磨かれたように滑らなかで硬く、そしてフリクションの効きもあまりよくない。また、全体的に逆層なのでホールド、スタンス共に乏しくどのルートに取りついても緊張を強いられる。他の練習場とは変化に富んだクライミングができるため、経験者にとっては満足いく上位レベルの練習が期待できる。当部では経験を積んだ中で、実績あるOBや経験ある上級生を伴って練習を行っている。

行動

7月15日

○右ルート(3ピッチ)×2

メンバー・・・飯田、関(トップ×2)、横山(トップ×2)、賀来、金原、須郷、田仲

7月16日

○右ルート(3ピッチ)×1
○第二スラブルート(2ピッチ)×1

メンバー・・・飯田(トップ×2)、関(トップ×1)、横山(トップ×2)、山浦(トップ×1)、金原、須郷、田仲

 

※写真は後日アップします。

関連記事

PAGE TOP