5月25日 丹沢 源次郎沢

個人山行報告書

日本大学山岳部

目的 沢登りを楽しむ
場所 丹沢 源次郎沢
日程 平成25年5月25日(土)
メンバー L大谷直弘(監督)、関 洸哉(OB)
2年 宝迫哲史
1年 山縣 巧、水越健輔

行動

天候:曇り 気温:21℃(出発時)

大倉08:45~10:00入渓点10:15~13:30大倉尾根(遡行終了)~14:10塔ノ岳~16:00大倉

宝迫、山縣、水越は初の沢登りということもあり、お日様の下で気持ちよく水を浴びたかったが生憎の曇りである。大倉で大谷監督と合流し、準備体操をして出発する。私たちを追い抜いて行く車を羨みながら戸川林道を進む。途中ヒル対策のため新茅山荘で少量の塩をいただいた。ヒルはまだ本格的には出ていないという話を聞きほっとする。入渓点手前にて沢靴、メット、ハーネスを着用し、源次郎沢に向かう。遡行を開始して40分ほどで滝が現れたが、本谷F1という看板がある。ここで間違えて水無川本谷を遡行していたことに気付く。すぐに引き返して11時頃に源次郎沢入渓点に到着する。F1は難なく越え、F2は学生をロープで確保し、右側を逆くの字に登る。F3は右壁を登り、最後はへつるようにして上部に立つ。スタンスは小さく多少バランスが必要であるが、学生は上手に登っている。F4は左側の壁を2箇所ランニングをとって登り、学生をビレイした。高度感もあるが、皆問題なく登っていた。ここにはF5の看板がある。しかし、遡行図の基とした『沢登りルート120』にはF4と書かれている。後から分かったのだが、参考にした遡行図は現在の滝番号とは違ったようだ。このことを知らず、私たちは二俣でおそらく左俣に行ってしまった。その先は遡行図と似ている箇所もあり、多少腑に落ちないところがありながらもそのまま進んでしまった。花立山荘よりだいぶ下の登山道に出てしまい、満足できない沢登りとなってしまった。装備を外し、塔ノ岳へと向かう。山頂は雲に覆われ展望は無く、写真を撮りそそくさと下山する。大倉尾根を一気に下り、大倉に到着した。沢は物足りなさがあり、ちょっと残念であった。学生も楽しそうに登っていたので、学生には申し訳なかったと思う。またリベンジしたいところである。

報告者:関 洸哉

大倉バス停 どんぐり山荘前

吊り橋を渡って戸沢林道へ行動開始

戸沢から入渓開始

塔の岳到着…お天気はガス!視界30m

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP