10月8日 奥秩父 笛吹川 釜ノ沢東俣

千畳のナメ(左:鈴木快美OG 右:篠崎さやか2年)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 奥秩父の沢登りを経験する、行程の長い沢を遡行する
場所 奥秩父 笛吹川東沢 釜ノ沢東俣
日程 平成26年10月7日(火)~10月8日(水)
メンバー L大谷直弘(監督)、鈴木快美(OG)、篠崎さやか(2年)
計3名
気象 晴れのち曇り  気温8度(行動開始時)

行動報告

10月7日(火)

千石部室22:40(車両移動)~1:45西沢渓谷入口駐車場(仮眠)

10日8日(水)

西沢渓谷入口駐車場5:45~ホラの貝ゴルジュ入口7:00~山ノ神~7:30~
東のナメ沢出合い8:30~金山沢出合い9:50魚留の滝10:30~千畳のナメ10:45~
両門ノ滝11:30~源頭部ナメ15:00~ポンプ小屋15:15~甲武信岳小屋15:45~
甲武信山頂16:10~甲武信岳小屋16:30~
木賊山16:25~近丸新道分岐18:00~西沢渓谷入口駐車場20:00

今回、鈴木快美OGと篠崎さやか部員(2年)を伴い行程の少し長い沢を目指した。篠崎部員も沢登りは葛葉川、小川谷…と着実にステップアップして来ている。大型台風18号の去った後、水量が少し気になっていたが心配るほど多くは無いので、計画通り入渓する。秋の爽やかな天気のもと素晴らしい沢登りの1日となった。予定時間より少し遅れて出発、山の神までは左岸の踏み分け道を辿るが所々荒れている。高さも沢からあるので慎重に進む。ホラの貝のゴルジュ入口はエメラルドグリーンの釜を抱えて綺麗である。東のナメ沢は圧巻そのもの、記念撮影タイムとなる。金山沢出合いまでは小渡渉を数回繰り返す。これは丹沢辺りでは経験できない沢登りテクニックであり、渡渉ポイントを考えながら進む。流れの急なところはザイルを数箇所出して渡渉した。魚留めの滝の高巻き(左壁)は3ピッチ程ザイルを出す。魚留めの滝の上部、千畳のナメが今回のハイライト。澄んだ秋の空、柔らかな秋の日差し、紅葉の始まった木々のトンネルの下に伸びるナメ。他のパーティーは誰もいないので、我ら独り占め状態に女性陣の歓声が響く。ナメを登り、4段の滝、曲り滝を経て両門の滝に出る。両門の滝は右壁に取り付き、トラバースして落ち口へは懸垂で降りる。広河原は水流を離れ左岸を辿るが、ピンクテープのマーカーが要所についているので問題なし。水師沢出合いを確認し源頭部分の小ナメまで来ると、篠崎、大谷はヘトヘトになってくる。ポンプ小屋までの源頭部もシッカリと鈴木OGがルートを導いてくれる。ポンプ小屋から登山道を辿ること15分で甲武信小屋に到着。甲武信小屋にザックを置いて頂上を往復する。ギリギリ時間がありそうなので一気に西沢渓谷のスタート地点へ下山する。

(報告者:大谷直弘)

↑ホラの貝のゴルジュ入口

↑金山沢出合いまでは河原歩きの連続

↑東のナメ沢 出合い正面の滝は4段260m

↑東のナメ出合

↑魚留めの滝(左:大谷・右篠崎)

↑沢登り大好き部員:篠崎2年

↑魚留めの滝

↑千畳のナメを行く

↑千畳のナメ入口

↑両門の滝

↑源頭部ナメ

↑甲武信小屋

 

関連記事

最近の記事

  1. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  2. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  3. 4月6日 丹沢 鍋割山

  4. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  5. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  6. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  7. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  8. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  9. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  10. 1月30日  丹沢 鍋割山

PAGE TOP