8月4日~8月18日【夏合宿】北アルプス 剱沢定着、後半縦走~親不知

2009年度夏山合宿報告書

日本大学山岳部 主将 船田良

山域 北アルプス 剣定着、扇沢~鹿島槍ヶ岳~五竜岳~白馬岳~親不知
期間 平成21年8月4日(火)~8月18日(火)
メンバー CL船田、SL高木、飯田、上野、勝又、下鶴、高橋、山浦
OB大谷、原澤、鈴木、鵜原

記録

8月5日(水)1日目 天気 晴れ

8:30室堂~13:00別山乗越~14:00剣沢BC

立山駅からケーブルカーで高度を上げることにより雲海の上に出て晴れとなる。準備時間を十分にとり出発する。初夏では30㎏いかなかった重荷が、夏山では30㎏前半となったため1年はスピードが出ない。雷鳥沢キャンプ場を過ぎて30分ほど登ったところで勝又が急に動けなくなる。熱中症にかかってしまった。船田、鈴木で面倒を見て、他のメンバーを先に行かせる。荷物を少し抜き、落ち着いてから出発すると、すぐに追い着いてしまった。どうやら高木がばててしまったようだ。別山乗越で高木と船田のザックを交換し剣沢BCまで下りる。

8月6日(木)2日目 天気 晴れのち曇り

3:40BC~5:00長次郎谷出合~7:00熊ノ岩~
8:30Cフェース剣陵会ルート登攀開始~12:40登攀終了~懸垂下降点13:00~
19:00Cフェース頭手前BP~20:00就寝

定着初日から真っ暗の中、行動を開始する。雪渓は例年より少なく、途中の滝の周りに雪がない。また、クレバスは空いていないものの、シュルンドが5mほど発達していた箇所もある。1年は雪訓をしていないためだろう、全員遅い。やはり雪訓を行ってからが無難だと感じられる。想定していたリミットぎりぎりに登攀開始となる。先行のみ4パーティもいたが、スピードが変わらないため渋滞とはならなかった。私自身1年のガスの中での登攀以来で、晴れているとこんなにも快適なルートだったのだと感じた。

登攀終了後、下降して5分ほどで左右に分岐があり、左の方が明瞭なため左を下りる。10分ほどでリングボルト3本の下降支点を見つける。高木がトップで下降し、2ピッチ下りたところでズタズタの雪渓が40m下に現れ、ルートミスを認識する。その頃から小雨が断続的に降ってきた。1ピッチ目を下降しなかったのは、鈴木コーチと山浦だけだったため6名も登り返すこととなった。ユマールを使い登り返すことに1,2年は初めてで、非常に時間がかかる。16時に稜線上でビバークすることを決定する。ツェルトを張るころにはヘッデンが必要となる。就寝後すぐに雲間から満月が現れ、ビバークしていることを忘れるくらい見入っていた。

8月7日(金)3日目 天気 雨

5:00起床~7:50懸垂終了5・6のコル~9:30長次郎谷出合~12:00BC

明るくなってから、お湯を飲み出発。私はイメージより快眠だったが、1年は口数の少なさを見ると夜のうちに疲労をためたようだ。昨日とは逆に右を下降する。途中濡れた岩場を1ピッチ懸垂し、程なく下降支点に到着。残置のカラビナが掛かっている。2ピッチで5・6のコルに着き、以後は山浦を除き順調にBCに帰幕。山浦は雪渓がなくなったあたりから太ももが張り出し、翌日からテーピングをするようになった。BCに着くと大谷監督、高橋が先に着いていた。

(高橋)8:15室堂~10:50別山乗越~11:40BC

8月8日(土)4日目 天気 雨のち晴れ

7:00BCにて停滞を決定

別山尾根から剣岳を登頂する予定だったが、朝から雨。10時から晴れたが昨日の疲れもあり、無理して雪訓することなく休養日とする。13時に原澤コーチが着てくださった。

8月9日(日)5日目 天気 曇り

4:00BC~8:30剣岳着~9:10剣岳発~13:00BC

小雨の中出発。一服剣から曇りとなる。一部湿った岩場が非常に怖かった。原澤コーチには隊の中間に入っていただいて、なんとか登頂できた。登頂時は視界が開け、後立を見ることが出来た。登り下り共に渋滞がひどかったため9時間行動となってしまった。

8月10日(月)6日目 天気 雨のち曇り

5:20BC~6:10剣沢別山側斜面雪訓場~6:20直登~7:30トラバース&ジッヘル~
9:20FIX2ピッチ~11:10雪訓場発~12:20BC

雨が弱くなってから出発。台風9号の影響で午後には天気が悪くなると予想していたので、近場の雪訓場を選定する。直降では少し雪が飛ぶようになったが、ピッケルの使い方が悪くよくスリップする。時間が惜しいのでトラバースのみ行い、またグループ分けをしてジッヘルを行う。FIX2ピッチ後、下鶴の震えが止まらないためロープワークは明日にしてBCへ帰る。BCに着くと雨が止んだ。

8月11日(火)7日目 天気 晴れ

4:50BC~6:30内蔵助カール雪訓場~ロープワーク~10:30雪訓場発~11:45BC

台風9号が太平洋上にそれたので朝から晴れだった。内蔵助カール最上部の傾斜のある場所でロープワークを開始する。初めにスタンディングアックスを行うが、ポイントを1年は忘れている。下鶴に至っては全部指示しなければならないほどだった。頭が痛くなった。部会で再勉強することを決め、BCへ帰る。

8月12日(水)8日目 天気 晴れのち曇り

5:00BC~6:00別山乗越~8:10室堂着~15:30扇沢駅着

移動日と言ってもいい今日は、みくりが池温泉に入り、レストランで食事、宅配便を頼んでからは、アルペンルートを観光しつつ扇沢まで行く。下鶴にロープやらスノーバーを持たせ、あわただしく帰らせる。入れ替わりで16時に上野が合流する。扇沢駅の軒下で寝る。

8月13日(木)9日目 天気 曇りのち雨

4:40扇沢駅~9:00種池山荘~11:00冷池山荘~11:30冷池山荘キャンプ場CS1

オーダー:高木-山浦-勝又-飯田-高橋-上野-船田
1年は20kg後半、高木は30kg中盤の重量で縦走出発。8時頃から小雨が降り出し、種池山荘手前で強くなる。種池山荘で衣類を着替えさせる。爺が岳の中峰だけ踏み、すぐにテント場に向かう。今日はずっと雲の中で時折雨がテントを打ちつけた。全体的にメンバーは元気が無かったが、特に山浦はストレスが溜まると静かになる。

8月14日(金)10日目 天気 晴れ

6:00CS1~7:20鹿島槍ヶ岳南峰~8:00鹿島槍ヶ岳北峰~9:50キレット小屋~
14:40五竜岳~15:30五竜山荘CS2

3時に起床すると昨日と同じガスの中、朝食は予定通りにして待機を命じる。予報は雨のち曇りで、明るくなってからダメもとで鹿島槍に行くことにする。オーダーを高木と船田だけ交換し出発する。歩き出して20分もしないうちにガスから抜け出し、空は快晴となってしまった。振り返るとテント場はガスの中だった。鹿島槍ヶ岳からメットを着け、慎重に行くように指示をする。キレット小屋を過ぎたあたりから1年は疲れを見せだし、更に慎重に指示を出す。午後は上昇気流で五竜岳はガスの中だった。五竜山荘に着くとガスが無くなり、今年一番と小屋の人が言うほど綺麗な夕日を見ることが出来た。

8月15日(土)11日目 天気 快晴のち曇り

4:50CS2~6:30唐松岳頂上山荘~10:30不帰キレット~12:40天狗山荘CS3

オーダーを元に戻し出発。快晴のすがすがしい空気を受ける。唐松岳頂上山荘でまだまだ元気があるので、先に進むことにする。唐松岳からメットを着け、今日も鎖場を行く。不帰Ⅱ峰北峰の下りから鎖場となる。八峰キレットより動きがスムーズになっている。気になるポイントは、山浦は足腰が弱く、下りでドカドカ足を下ろすこと。勝又の足腰は強いものの、岩場での下りが慣れてなく体の動かし方が下手なことである。不帰キレットからは問題なく天狗山荘に着く。停滞することはもうないので、SPを1食残し食いつぶしにかかった。

8月16日(日)12日目 天気 晴れ

3:45CS3~7:30白馬岳~9:30雪倉岳~13:00朝日小屋CS4

テント撤収が少しずつ早くなっている。反省会で体調を聞くと毎日1年は疲れたと答えるが、朝の1ピッチを見る限り昨日の体調を引きずっている者はいない。白馬岳で写真を撮り、白馬主稜を教えるが、やはりというかあまり関心を示さない。雪倉岳を越え、樹林帯に入ると1年は疲れが見え出した。勝又には帽子を被らせ、他は注意して表情を見ることにする。朝日小屋で今日も昼食をとる。

8月17日(月)13日目 天気 快晴

4:45CS4~5:35朝日岳~9:00黒岩山~12:00栂海山荘CS5

連日気温が高く、昨日から樹林帯に入り湿度も上がってきている。7時には勝又に帽子を被らせる。黒岩山からは日陰も無く灼熱だった。水場で水を汲み1ピッチで山荘、行動時間の割に厳しい1日だった。

8月18日(火)14日目 天気 快晴

3:45CS5~12:00親不知

2ピッチ後明るくなってから勝又をトップに歩かせ、1年同士を頑張らせる。登りでは飯田は追い付けない。山浦は普段より頑張っている。後半は行動時間を50分に設定し、水を飲ませる。後半縦走は熱中症を出さずに終了できた。日本海で遊んだあと、温泉に入り帰京となった。

関連記事

最近の記事

  1. 6月8日~6月16日 【初夏合宿】北ア穂高連峰・横尾定着

  2. 5月26日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行②

  3. 5月25日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行①

  4. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  5. 4月19日〜2月20日 上信越 谷川岳

  6. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  7. 4月6日 丹沢 鍋割山

  8. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  9. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  10. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

PAGE TOP