4月22日 至仏山 山スキー

4月23日 至仏山頂上(2,228m)にて~ムジナ沢下降前のメンバー

山行報告書

日本大学山岳部

目的 山スキーを楽しむ(ムジナ沢の下降)
山域 尾瀬 至仏山東面
日程 平成31年4月21日(日)~23日(火)
メンバー L   大谷直弘(OB/監督)
4年 白土朝香、近藤 歩、OB 國谷良介コーチ 計4名

行動報告

4月21日(日)移動日 横浜~戸倉~鳩待峠駐車場(車両移動)

東京千石部室20:30〜戸倉~鳩待峠駐車場24:15(仮眠)

予定通り部室を出発し車両にて戸倉に向う。今年は鳩待峠まで車両規制が解除されていたので助かった。22日、06:00出発に備えて車内で就寝とする。

4月22日(月)至仏山往復 曇り 気温 9°

鳩待峠07:00~小至仏トラバース手前09:05~至仏山頂09:50~登高ルート下降開始10:35~鳩待峠13:20

朝から天気が良くないので出発を遅らせる。ガスが切れて来たので07:00に行動を開始する。樹林帯の赤布に導かれながら小至仏に到着する。視界は20m程度でひたすらトレースを辿る。小ピークを幾つか越えて頂上に達する。しばし大休止としたが天気が一向に良くならない。ムジナ沢、ワル沢の下降をどちらも諦め、登って来たルートをスキーで滑って鳩待峠まで下山する。

下山行動を開始してから天気が回復してくる。12:30過ぎにはピーカンになる。遅出の他パーティーがワル沢を滑っているのが確認できる。我々は既に下りきってしまっていた。“何てこった”と言う感じである。頂上で2時間弱待機していれば…・引き返すわけにも行かず参加してくれた学生2人には申し訳なく思う。

22日、鳩待峠に帰着してチョコホットケーキを作る白土部員~見た目より美味しかった

4月23日(火)ムジナ沢下降 曇りのち晴 気温10°

鳩待峠07:15~小至仏トラバース手前09:15~至仏山頂09:55~ムジナ沢下降開始10:35~山の鼻11:45~~鳩待峠13:30

本朝もガスのため出発を少し遅らせる。至仏山の山頂を目指して昨日と同ルートを登り始める。2回目は短く感じる。小至仏手前の樹林帯で完全に天気は回復する。小至仏の東面トラバースも昨日同様、問題なく通過して至仏山の山頂に到着する。山頂から見るワル沢の斜面も滑りたいが、本日はムジナ沢を下降する。ムジナ沢の下降進行方向には燧ケ岳がドンと構えている。

雪は高温で一昨年と比べるとグサグサで良くない。少し手こずりながらも滑り出すと、あっと言う間に標高差800mを一気に滑り下りる。樹林帯に入ってからも、意識的に尾根に沿って山の鼻小屋を目指して下降して行く。山の鼻からは川上川に沿って、鳩待峠を目指してシール登高に入る。鳩待峠への登り返しは大汗をかきながらの登高になったが、樹林帯を時おり抜ける風は何とも気持ちいい。最後を登りきり鳩待峠駐車場に戻ってくる。

今回、ワル沢は下降できなかったが楽しく素晴らしいスキー山行となった。時間を調整して参加してくれた学生には感謝である。

小至仏山トラーバス手前の雪原帯を行く、後方は東北地方最高峰の燧ケ岳

手前が小至仏、奥が至仏山

小至仏をバックに至仏山の頂上直下を登る

至仏山頂上からの中の岳と越後駒ヶ岳

至仏山頂上にて(左から:近藤4年、國谷コーチ、白土4年)    撮影:大谷

ムジナ沢を下降する~正面の尾瀬ヶ原に吸い込まれるように滑って行く:白土部員

ムジナ沢下降中のメンバー

尾瀬ヶ原に下りてくる、ここから山の鼻経由で鳩待峠まで戻る

鳩待峠駐車場に無事帰着する

(報告者:大谷直弘)

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP