7月24日~7月25日 富士山 須走ルート

富士山頂上 左から大谷、小口(1年)、白土(4年)、川村(4年)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 高度順応
場所 富士山 須走りルート往復
日程 令和1年7月24日(水)~25日(木)
登山隊メンバー 4年 L川村洸斗
山岳部メンバー 4年 白土朝香
1年 小口 巧
OB 大谷直弘:監督
計4名

行動報告

7月24日(水)移動日

横浜~御殿場5合目駐車場

横浜19:00集合、車両で富士山須走口臨時駐車場“道の駅すばしり”まで行く。明日の朝は早いのですぐに車内で就寝する。

7月25日(木)晴れ23℃

須走口臨時駐車場04:00~(タクシー)須走口5合目駐車場標高2,000m 04:30~新6合目長田山荘2,450m 05:55~本7合目見晴館3,200m 08:32~本8合目江戸屋3,400m 09:20~須走口頂上10:30~剣ヶ峰11:15~(お鉢周遊)~須走口頂上11:45~須走口5合目駐車場標高2,000m13:30~(バス)~須走口臨時駐車場14:20

ザンスカール登山隊の高度順化も富士山で3回目を数える。今回、登山隊のメンバーは川村隊長1名の参加だが、国内合宿組から4年の白土、1年の小口を加え計4名の参加となった。須走りルートは大谷以外初めてとなる。05:00の始発バスを避け、一足早くタクシーで5合目まで上がり行動を開始する。

若干寝不足だが順調に頂上まで登る。途中、大谷は学生に追いつけなくなる。学生のスピードについていけない。そろそろそのような時期が来ているのだろう。本8合で吉田口ルートに合流すると、登山道は俄然混み合ってくる。お天気が持ちそうなので全員でお鉢を1周する。前回、御殿場ルートから登った際は雨でお鉢を廻れなかったので、今回は是非まわりたいと思っていた。須走り下降ルートを下り5合目の観光案内所まで一気に下山する。

5合目からバスで臨時駐車場である“道の駅 すばしり”まで戻り帰京する。お腹が空きまくっていたので温泉より“ほうとう”と言う学生のリクエストに応えて山中湖畔の“小作”に食べに行く。

(報告者:大谷直弘)

古御岳神社をすぎて

本8合目

お鉢頂上

頂上の1年生小口部員

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP