2月1日 飯能 日和田山

↑トレーニングを終えて(左から、賀来、水越、山縣)

山行報告書

日本大学山岳部

場所 埼玉飯能 日和田山
日程 平成26年2月6日(土)
目的 アイゼンを装着しての岩登りトレーニング
メンバー 2年 L賀来素直
1年 水越健輔、山縣巧
計3名
タイム 8:00高麗駅集合~08:30岩場着~09:00クライミング開始~15:00クライミング終了
気象 晴れ +2℃

行動

前回に続いて、岩場には我々が一番乗りである。トップロープで登るに当たって、ザイルを2本垂らすため、1年生2人に支点作成から懸垂下降までの手順を指導する。安全確認を賀来一人で行うため、1年生が懸垂下降で降り始める直前まで支点位置から間近でチェック、そのまま待機してもらい、賀来が下まで急いで降りて、ザイルを掴んで下から1年生を見守る。9:00頃から男岩に3~4の他のパーティーが登りはじめる。

懸垂下降訓練を終えるとトップロープでアイゼンを装着して交代して各自3~4本登った。1年生はクライミングシューズで登る場合との違いにもめげず、元気良く登る。慣れて来たのでより実際の状況に近づけるために、冬用手袋を装着して再度登る。指先の感覚も自由も制限されるため、難しくなる。簡単なさっきと同じルートでも、全員苦戦してしまう。アイゼンのツメをいかにうまく岩の凹凸に引っ掛けて体重を乗せられるかがポイントとなる。全員が早く登れるようになるまで繰り返し登った。

(報告:賀来素直)

↑ビレイする水越、トップロープで登る山縣

↑手袋もつけて登る

 

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP