10月2日 丹沢 葛葉川本谷

葛葉川本谷:沢の中間部分大平橋手前、曲りの滝にて…上から4m、3m、1mの連瀑帯。
現在位置を地形図と遡行図から確認する1年生 (写真左から~福島、守屋)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 沢登りを経験する
山域 丹沢 葛葉川本谷
日程 平成28年10月2日(日)
メンバー  L.  大谷直弘(OB/監督)
1年 福島端流、守屋勇希
計3名
気象 曇り時々晴れ  気温21度(行動開始時8:15)

行動報告

秦野駅7:45(車両移動)~葛葉の泉8:15~大平橋10:20~富士形の滝11:05~源頭12:00~三の塔尾根12:20~三の塔頂上12:35~二の塔13:10~葛葉の泉14:10~菩提原バス停15:05~秦野駅15:45(解散)

秦野駅に集合し、タクシーで葛葉の泉(入渓地点)へ移動する。入渓地点の葛葉の泉は、8月の度重なる台風の影響で土砂が堆積し、公園の橋やトイレが被害を受けていた。葛葉川は、薄暗い出だしの堰堤・小滝の乗っ越しからスタートする。暫く進み、最初のF1(5m)は水量が多く今回は右から巻いて登る。その後、板立の滝8mは大谷がトップでリードして後に続いてもらう。板立の滝は、水流右手から登り上部でかぶり気味のルートを左に取る。板立ての滝を登り、表丹沢林道がクロスする大平橋下の3段曲がりの滝を越えると、沢は小ぶりな滝の連続となる。

富士形の滝10mもいつになく水量が多く右壁から取り付く。富士形の滝上部の小連瀑帯を越えて、1年生に遡行図と地形図をチェックしてもらい、源頭部分をつめる。沢の詰めはシッカリと時間をかけて丁寧に進む。涸れ沢から三の塔派生尾根に取り付き、藪漕ぎも無く明瞭な踏み跡を辿り、三の塔尾根の登山道にでる。雨上がりで源頭の草付きが泥でぬかるんでおり、1ピッチ程ザイルを張る。尾根の登山道から三の塔頂上に向かう。

三の塔頂上から上は青空、沢でズブ濡れになったウエアも乾き出す。体も秋の日差しで直に暖まる。二の塔尾根経由で葛葉の泉(入渓点)に戻ってくる。今回、水量が多くF1のウォタークライミングが出来なかったのは残念である。

(報告者:大谷直弘)

葛葉の泉:入渓地点~今夏の度重なる台風で土砂が堆積し、公園の橋は通行不能になっていた
左から1年生の福島と守屋 (撮影:大谷)

F1 5m、毎回雨具を着こんでトップで登るのが大谷の担当だが、今回は水量が多く巻きました~残念!

F4 葛葉川の中では一番美瀑かなと思います

大平橋上部の小滝の連続を登る

富士形の滝:右も左も登れるが、今回は右から登る

入渓点の葛葉の泉に無事戻ってくる~1年生は初めての沢登りを楽しんで貰えたようだ

関連記事

最近の記事

  1. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  2. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  3. 4月6日 丹沢 鍋割山

  4. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  5. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  6. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  7. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  8. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  9. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  10. 1月30日  丹沢 鍋割山

PAGE TOP