12月27日~12月30日 北アルプス 蝶ヶ岳 長塀尾根往復

12月29日蝶ヶ岳山頂 JACの先輩方と…右端:1年生 米山部員、左から2番目 賀来コーチ

山行報告書

日本大学山岳部

目的 蝶ヶ岳の登頂、雪上・生活技術の向上、ロープワーク講習会
山域 北アルプス  蝶ヶ岳 長塀尾根往復
日程 令和元年12月27日(金)~30日(月)
メンバー 1年 米山未羽
OB L古野 淳(JAC主催者)、 賀来素直コーチ
日本山岳会員5名
計8名

行動報告

12月27日(金)移動日

東京 国領駅17:30〜日本山岳会上高地山岳研究所(以下山研)23:30

今回はJAC YOUTH CLUBの講習会に参加させていただく形での山行である。上高地は雪が少なく、30㎝程度であった。水回りを確認後、備え付けのストーブをつけて暖まる。日をまたぐ形で残りの4名も合流、お茶を飲んでから就寝する。

12月28日(土)講習会

山研(13:00~15:30机上講習会)

机上講習会を行うため、一日中山研で過ごす。各自、上高地を散策したり、カレーを食べたりして過ごす。他の登山者は、少なくとも20名程はいて、昼過ぎから机上講習会を古野OB、賀来を講師として行う。米山部員の手伝いもあり、スムーズに終えることができた。日本山岳会の皆様には熱心に聞いていただき、感謝である。夕食は豪華な鍋をいただき、大変満足であった。明日に備えて装備を確認後、早めに20時ごろ就寝した。

12月29日(日)山研~徳澤園~長塀山CS 晴れ 気温-11℃

山研06:30~08:45徳澤園~13:30長塀山CS~14:45蝶ヶ岳山頂~16:00長塀山CS

薄暗く、静かな上高地を予定通り出発。登山者とも多くすれ違う。ほとんどが蝶ヶ岳を目的としていると思われる。美しい冬の明神岳に時折目を奪われながら徳澤園に到着する。大小のテントがいくつか張ってある。アイゼンを着用して長塀尾根を登り始め、ここからキャンプサイトまでの標高差およそ1,000メートルの樹林帯を登り始める。古野OBのトップで、適切なペース、休憩をはさみつつ登ってゆく。米山部員は20㎏以上のザックを持っているが歩行には全く問題がない。長塀山の山頂を過ぎたコルを天幕地とする。

明日は天候が悪く、現時点で体力・時間ともに余裕があるため、古野リーダーの判断で本日中に蝶ヶ岳を登頂することを決定する。軽装で出発し、山頂につくと360度の絶景。ここまでずっと樹林帯であったせいもあり、目が覚めるような光景である。今日登ることができて本当に良かった。キャンプサイトに戻るとテントを設営し、一つのテントで水づくりを始め、そのまま夕食をとる。メニューは具沢山の豚汁。8名全員が満腹になるほどの量であった。ここの積雪は70cm程で、夜になると少しずつ雪が降り始めた。

12月30日(月)長塀山CS~山研 雪のち雨 -5℃

長塀山CS07:00~09:30徳澤園~11:30山研

昨晩から10cmほどの積雪があった。朝も降り続けている。テントを撤収して出発。積雪のせいでルートが歩きにくく、アイゼンに雪団子ができる。標高を下げるにつれ、雪は雨に変わった。山研に到着し片づけと掃除を行ったあと解散した。我々は行きと同じく古野OBに東京まで送っていただいた。今回JACの会に参加させて頂き、またJACの山の先輩方には大変お世話になりました。有難うございました。

(報告者:賀来素直)

12月28日 山研でのロープ講習会

12月28日 山研から徳澤園へ

徳澤園から長塀尾根に取り付く

長塀尾根上にCSを設置する

蝶ヶ岳頂上へ

蝶ヶ岳山頂(左端:古野OB、右端:1年生 米山、右から2番目:賀来コーチ)

関連記事

PAGE TOP