4月26日~4月30日 GW山行 越後 駒の湯~越後駒ケ岳~中ノ岳往復

2008年  GW山行 越後

期間 平成20年4月26日~4月30日
場所 越後 駒の湯~越後駒ケ岳~中ノ岳往復
メンバー L設楽(3)、SL船田(3)

4月26日(土) 天気:曇り時々雨

13:50大湯温泉~15:10駒の湯CS1

大湯温泉から駒の湯へ歩き始めると、雨が落ちてきた。駒の湯の吊り橋は標識が隠れており、一度通り過ぎてしまった。細い板の下には水流が見えて、少し心細い橋だ。橋を渡ってすぐの場所にテントを設営する。時々雨が落ちてくる音がする。

4月27日(日) 天気:ガス

6:20駒の湯CS1~7:50栗の木ノ頭~9:50小倉山~11:00百草ノ池~11:50前駒~12:30駒ノ小屋CS2

初日から寝坊してしまった。行動しながら朝食は摂ることにし、とりあえず撤収して出発する。出だしから傾斜のある尾根である。標高1026m地点をすぎてから鎖場が一箇所あった。ここからは雪がだいぶ残っており、シュルンドが見受けられる。小倉山以降は夏道はほぼ見えず、ガスで視界が悪いため赤旗を追いながら慎重に進む。前駒から駒ノ小屋にかけても傾斜がある。駒ノ小屋は開かれており、恐らく冬期も使用可能だと思われる。少し話し合い、今日はここで泊まることにする。17時頃から雨が降り始める。

4月28日(月) 天気:ガス一時晴れ

5:00駒ノ小屋CS2~6:45天狗平~9:15檜廊下~10:20四合目~11:30中ノ岳避難小屋CS3

雪が降っており、ガスも変わらずである。明るくなるまで待ち、出発する。帰りに天気が良くなることを期待し、越駒は踏まずに進む。グシガバナとの分岐もガスのせいで尾根がはっきり見えない。ここから檜廊下までは夏道が細く、残雪の上では崩れないように神経を使う。今日は西側からの吹き上げが強い。天狗平からはタイトロープをし、檜廊下手前でスタカットに切り替えて1P張った。中ノ岳避難小屋近くに着いたはずなのだが、ガスが濃くて見つけられない。地図とコンパスを見ながら苦闘していると、ガスが少しだけ切れたので目を凝らす。やはりすぐ近くにあった。避難小屋の中にテントを張り、中ノ岳登頂と偵察は晴れ間が覗くようになった13:30頃出発した。祓川への下降は視界が悪いと難しそうだ。

4月29日(火) 天気:快晴

4:30中ノ岳避難小屋CS3~5:35出雲先~6:50御月山~7:55中ノ岳避難小屋CS3着~撤収~8:40中ノ岳避難小屋CS3発~9:20檜廊下~11:35天狗平~13:15越後駒ケ岳~14:00駒ノ小屋CS4

快晴の下、出雲先へ向けて出発する。御月山を過ぎると、鎖場が一箇所あった。傾斜がきつく、10m強はあるだろうか。出雲先から八海山方面を眺めると、地図で見る以上に高低差があるように思える。帰りは登りが続くためペースが上がらない。檜廊下通過後にスタカットで3P張った。タイムは50分だった。天狗平からの登りも念のため1P張った。今日の越駒は昨日の寒々とした感じと違い、素晴らしい天気だ。巻機山なども綺麗に見える。天気が良いので駒ノ小屋の前にテントを張り、濡れ物を乾かした。スペシャルが沢山あったので食いつぶす気になれなかった。

4月30日(水) 天気:快晴

4:00駒ノ小屋~4:50小倉山~7:15駒の湯~8:20大湯温泉下山

残雪は適度に締まっており非常に歩きやすい。小倉山を過ぎたあたりで太陽が見えてきた。二日目はガスの中で厳かに見えた越駒が、今日はとても穏やかに見える。駒の湯から大湯温泉まで歩き、風呂で汚れを落として上り電車に乗った。

文責:設楽 琢麿

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP