4月19日~4月20日 奥多摩 雲取山

↑雲取山山頂にて(宝迫、賀来)

山行報告書

日本大学山岳部

場所 奥多摩 雲取山
日程 平成26年4月19日(土)~平成26年4月20日(日)
目的 メンバーシップの向上、賀来部員の足慣らし
メンバー 3年 L賀来素直、宝迫哲史

行動

4月19日(土)曇のち雪+3.3℃

9:00奥多摩駅集合〜9:30奥多摩駅発(バス移動)〜10:05鴨沢〜12:20堂所〜13:15七ツ石山〜13:50奥多摩小屋CS

奥多摩駅に時間通り集合し、バスで出発する。バス内は登山者であふれており、追加で1台臨時バスが出た。空は雲に覆われ、気温も少し低めだ。鴨沢を出発し、先日の降雨のためか、登山道にはぬかるみが散見される。堂所まで向かううちに、周囲がガスり、視界は40~50m程となる。堂所手前の水場からはきれいな水が流れていた。一切展望を楽しめぬまま、七ツ石山に到着する。木々が開けて平坦になり、晴天ならば気持ちの良い道であったことだろう。雪はほとんどなく、アイゼンを出す必要性はなかった。少し下るとかすかに雪が降り始めた。すぐに奥多摩小屋に到着、テントを設営する。登山者はかなり多く、15以上のテントが張ってある。小屋の水場はわずかではあるがきれいに流れていた。

4月20日(日)曇+1.3℃

5:00奥多摩小屋CS~6:00雲取山頂上〜7:00多摩小屋〜7:45七ツ石山〜9:40鴨沢

昨晩から雪が降り続け、朝起きると3cm程積もっている。歩行の際の影響はほとんどないが、景色はガラッとかわり、雪山にいるような気分になる。テントを撤収し、昨日とは違う雰囲気を楽しみつつ雲取山頂上に到着、撮影を済まして出発した。富士山は全く見えなかった。気温が高いため、登山道の雪はすぐに溶けてただのぬかるみになる。七ツ石小屋に到着する頃には雪は周囲になくなっていた。樹林帯をノンストップで下り、鴨沢に到着した。

(報告:賀来素直)

関連記事

最近の記事

  1. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  2. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  3. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  4. 1月30日  丹沢 鍋割山

  5. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  6. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  7. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

  8. 12月10日〜12月11日 茅ヶ岳

  9. 12月3日~12月10日 【初冬合宿】谷川岳 天神平

  10. 11月15日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

PAGE TOP