1月29日〜1月30日 八ヶ岳 蓼科山

蓼科山頂上にて 石田(3年)

山行報告書

日本大学山岳部

目的 蓼科山登頂とアイゼンワーク
山域 北八ヶ岳・蓼科山 (女神茶屋往復)
日程 令和5年1月29日(日)~30日(月) 前夜発1泊
メンバー 3年 角野将也
L. 大谷直弘(監督/OB)
学生1名+OB1名 計2名

行動報告

1月29日(日)(移動日)

19:50 東急東横線綱島駅集合~監督車両にて移動~23:30 女神茶屋(就寝)

監督車両で出発をする。女神茶屋到着後、翌日のパッキングを済ませて就寝する。

1月30日(月) 曇り・雪ちらつく‐9℃(入山時)

06:15女神茶屋~07:35 2,110m道標~09:15森林限界~09:30蓼科山頂上~10:05幸徳平~11:05女神茶屋下山

女神茶屋Ⓟより行動を開始する。あまりにも暗かったので出発予定時間を15分遅らせる。寒くもなく、風もない。前日のトレースがシッカリ残っており、アイゼンのキュツキュツと食い込む音が心地よい。今回、石田君のアイゼントレーニングが目的であるが上手く歩けている。最初の休憩は短い時間で区切り、登山靴、足の状態、アイゼンの緩みなど無いかをチェックしてもらう。体調も良さそうなので、あとは天候だけと言う感じだ。

森林限界を越えると特有の風が強くなってくる。天候はあいにくガス、視界は進行方向へ200mほど、下界方面の茅野の町は陽が当たっている。森林限界に下降目印として赤旗竿を1本設置。頂上までは登山道に目印ポールが一定間隔で立てられている。視界が良くないので、左寄りのショートカットで山頂を目指さず、ヒュッテ経由で山頂に達する。

本日の行動時間は約5時間。天気が良ければ2往復したかったが残念だ。それでも、石田君にとっては良いトレーニングになったのでないか。石田君の2月合宿に期待したい。

(報告者:大谷直弘)

 

森林限界を越える

幸徳平にて

 

ふりかえって

今回、冬山合宿に参加できなかった部員のアイゼンワークを兼ねての蓼科山山行を実施した。行動開始時から終了時までアイゼンを装着し続けて行動することができ、目的を達成できたのは良かった。少しでも経験を積み、2月合宿に不安なく参加して貰いたかった。

また、大谷の反省点もあった。森林限界を越えて頂上までの間は往復30分も満たなかったが、ヘルメット を装着するべきであった。風が強くなっていたこと、もともと森林限界から頂上火口までは溶岩が積み重なった足元の良くないルートである。特に今年は雪が少なく、岩の露出部分も多く例年から比べれば、より不安定な状態でった。加えて風が強く上体が煽られることもあったのだから尚更である。大いに反省して、参加してくれた石田部員とも共有したい。

 

関連記事

最近の記事

  1. 6月8日~6月16日 【初夏合宿】北ア穂高連峰・横尾定着

  2. 5月26日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行②

  3. 5月25日 丹沢 鍋割山 靴慣らし山行①

  4. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  5. 4月19日〜2月20日 上信越 谷川岳

  6. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  7. 4月6日 丹沢 鍋割山

  8. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  9. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  10. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

PAGE TOP