7月19日~7月21日 中央アルプス 木曽駒ヶ岳

7月21日 木曽駒ヶ岳山頂

山行報告書

日本大学山岳部

目的 中央アルプスを楽しむ、生活技術の向上
山域 中央アルプス 木曽駒ヶ岳・宝剣岳
日程 令和元年7月19日(金)~令和元年7月21日(日)
移動1日、実働2日
メンバー 4年 L新保裕也、田邊カレン
3年 氏神拓真
1年 柴田亮、米山美羽
計5名

行動報告

7月19日(金) 移動日  新宿バスタ~駒ヶ根駅

新宿駅に集合し高速バスに乗り込む。駒ヶ根インターチェンジに到着し、駒ヶ根駅まで移動後駅舎内で就寝する。

7月20日(土) 入山日 霧雨 20℃

駒ヶ根駅(路線バス)06:30~07:00北御所登山口07:10~12:10伊那前岳~13:10駒ヶ岳頂上山荘CS

4時に起床し5時の始発バスに乗るつもりで準備を進める。しかし前日の夜から降り続けた雨が規定の降雨量を越えたため林道が一時的に通行止めになっていることをバスの運転手から教えてもらう。運転手によると、林道の安全確認が完了次第通行止めは解除されるそうなのでしばらく待機することにする。1時間半後に通行止めは解除されようやく駅を出発する。

登山口で準備を整え出発する。しばらくは林道歩きだが、湿度が高く蒸し暑いためすぐに汗をかいてしまう。登り始めると更に暑くなってくる。霧雨が降っているため頭を濡らさないように帽子だけは被り、雨具は必要に応じてこまめに脱ぎ着する。良いペースで標高を上げていき、1時間半の遅れは伊那前岳に着く頃には殆ど巻き返せている。

駒ケ岳頂上山荘に到着しテントを設営する。標高差1400mを登ったが全員高度障害の兆候はない。テントに入り終える頃から雨が降り始めてきたため、午後はテント内でのんびり過ごす。

7月21日(日) 下山日 曇り 7℃

駒ケ岳頂上山荘CS 05:05~05:20木曽駒ヶ岳05:30~05:40駒ケ岳頂上山荘CS~06:00中岳~06:10宝剣山荘06:20~06:50宝剣岳~07:30宝剣山荘~11:20北御所登山口

3時過ぎに起床し食事を作る。4時半頃出発可能な状態になるが、米山が気分の悪さを訴える。SpO2の値が90を切っており高度障害が疑われ、予定を変更し出発を遅らせる。しかし、テントを撤収したり辺りを歩いたりしている間に気分が良くなったようだ。木曽駒ヶ岳をピストンする。高曇りのため山頂では周囲の山々が一望でき良い景色だ。

宝剣山荘に移動し、ヘルメットとハーネスを装着して準備を整え宝剣岳をピストンする。他の登山者も多く、順番待ちの時間が長い。岩の登りの箇所にはしっかりと鎖が設置されており、ロープは必要なかった。1年生の鎖の通過・掛け替えはスムーズである。順調にピストンを終え、下山を開始する。1年生も上手に歩けており、良いペースで下ることができる。清水平付近で柴田が親指の靴擦れを訴え処置をする。水ぶくれにはなっていない。

それ以外問題はなく北御所登山口に下山し、路線バスに乗り込んだ。バスはかなり増発されている様子だ。

振り返って

林道の通行止めに出鼻を挫かれたが、参加してくれた1年生はしっかり歩ける能力があり多少の遅れは全く問題にならなかった。しかし生活技術は改善の余地が残る様子だった。今後も計画能力、歩行能力、生活技術を高めて安全で楽しい個人山行に行きたいし行ってほしい。

(報告者:新保裕也)

7月20日 伊那前岳手前 広い稜線

7月20日 伊那前岳山頂 風が強い

7月20日 駒ヶ岳頂上山荘にテントを張る

7月21日 テントサイトから南アルプスや富士山が見える

7月21日 宝剣岳山頂

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP