10月2日 飯能 日和田山 アイゼントレーニング

女岩をバックに全員集合

山行報告書

日本大学山岳部

目的 アイゼンでの岩稜帯歩行および登攀技術の向上、ロープワーク技術の向上
山域 飯能 日和田山
日程 令和4年10月2日(日)
メンバー 4年 L米山未羽、柴田 亮
2年 山形龍也、籾井大空
1年 玉野蒼士
OB 賀来素直ヘッドコーチ
計6名

行動報告

10月2日(日) 晴れ 29℃

08:00高麗駅(集合)~08:30岩場~(クライミング開始)~15:30岩場(クライミング終了)~16:00岩場(出発)~16:30高麗駅(到着)解散

8時に高麗駅に集合する。全員体調は良好。天候も良い。前日から引き続き参加する米山を車で送り届けて下さった鈴木OGに見送られ出発する。岩場到着後、賀来ヘッドコーチと柴田で女岩南面に60mロープを1本設置した。

前半はアイゼントレーニングを行う。登山靴→登山靴+アイゼン→登山靴+アイゼン+オーバー手袋の順に着用装備を徐々に増やして登る。途中、賀来ヘッドコーチにアイゼン着用時の登り方を指導して頂いた。皆クライミングシューズとは違う足感覚に慣れていない様子だったが、4、5回程度登るうちに上達した。

後半は同じ場所で懸垂下降訓練を行う。念のため、上部で練習者を確保しつつ行う。器具の特性や安全確認動作一つ一つの意味が頭に入っていない者、それらを理解はしているが経験が少なく動作に不慣れな者がいた。季節外れの炎天下、各事項を日向の上部で一から説明するのは集中力や体調の面で心配なので、日陰の岩場基部に降りて賀来ヘッドコーチに説明をして頂いた。15時30分クライミング終了。女岩をバックに集合写真を撮り撤収し下山した。

(報告者:柴田 亮)

 

アイゼントレーニングの様子

懸垂下降訓練の様子

基部での指導の様子

女岩基部にて:左から~玉野(1年)、山形(2年)、籾井(3年)

アイゼンと手袋を付けて登る籾井(2年)

 

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP