9月6日~9月8日 谷川万太郎沢

個人山行報告書

日本大学山岳部 主将 船田良

山域 苗場 清津川支流釜川右俣
期間 平成21年9月4日(金)~9月6日(日)
メンバー CL船田、SL高木、飯田、勝又

記録

9月4日(金)1日目 天気 曇り時々晴れ

石打駅からタクシーで大場の部落を過ぎ、部分的にアスファルトの欠けた道を進むと、ゲートに遮られる。ここから釜川方面へ微かに残る舗装道を下ると30分ほどで、取水口の豪快な放水が現れる。今日は取水口付近のコンクリートの上に天幕することにする。17時ごろになると夕立がパラパラと降ってきた。

9月5日(土)2日目 天気 晴れのち曇り

5:00CS1~6:30二俣~三ッ釜上(11:00~11:50)~14:30F5.8m滝~18:00清水沢出合先CS2

晴れてはいるが早朝、水は冷たい。二俣まで巨岩の転がる河原を縫う様に進んでいく。1年は飛び石を恐がり、いちいち水に入るため、えらい時間がかかった。右俣から三ッ釜までは、泳ぎ、へつり、巻きと次々に現れ飽きさせない。ロープは三ッ釜を合わせると3箇所出した。どれも問題ない。終了点はしっかりとした木から取れたが、ランナウトとなるためトップは油断しない方がいい。途中、ゴルジュ内の直登不可の滝は近づきすぎたため、右岸の巻き道を見つけるのに時間がかかった。左岸のⅣ+程を下りてきて対岸の踏み跡を見たときは笑ってしまった。泳ぎでは高木が一番楽しんでいた。へつりでは勝又が2m落ちたりしたが、徐々に上手くなっていった。飯田はあの巨体でへつりもなかなかに上手い。

三ッ釜で林道まで行くことを諦め、清水沢出合に天幕することを決定する。陽に当たりながら昼食をとり後半戦に気合を入れる。三ッ釜は直登できないのが残念だった。

後半は思いのほか泳ぎが多いが、巻きからの懸垂下降、滝の水流沿いの直登と登攀要素も申し分ない。ロープは懸垂含めて5回出した。取付まで泳いでいく滝はなかなか疲れる。清水沢出合手前の12m滝は右岸の泥交じりの草付を直登する。5mロープを伸ばしてからの、出だしの岩が緊張する。ランニングを木で取れるとこまで来れば安心だが、そこまで泥のついた岩のランナウトとなるため気が抜けない。セカンドの勝又が登り終わったころに夕立、土砂降りとなる。昨日と同じ17時であった。全員登り終わったところで、船田が清水沢出合に懸垂して天場の偵察をする。高木と1年は懸垂せずにフライに入らせ、待機させる。清水沢を過ぎて2,3分の、右岸を入ったところに6人用テントまで入る天場を見つる。ずぶ濡れの幕営となり目的におまけがついた。

9月6日(日)3日目 天気 晴れ

5:30CS2~8:00林道~11:00ゲート

昨日は寒くてあまり眠れなかった。今日は朝一から泳ぎがあり、テンションが上がる。ロープを1回出し、それからはトコトコ河原を歩いていると、いきなり立派な三ノ沢橋が現れあっけなく終了となる。ゲートでAUは電波が通じ、タクシーを呼ぶことが出来た。

個人山行報告書

山域 谷川 万太郎本谷
期間 平成21年9月6日(日)~9月8日(火)
メンバー CL船田、SL高木、飯田

記録

9月6日(日)1日目 天気 晴れ

土樽から谷川西面を登るのは、私も初めてで谷川でありながら知らない山のようだ。高速道の下を通り、アスファルト道を進んでいくと吾策新道分岐に着く。そこには巨大な堰堤が待っている。平成19年に完成したようで真新しい。今日は堰堤のコンクリートの上に天幕とする。

9月6日(日)1日目 天気 快晴

5:40CS1~8:30一ノ滝下部~イシクラ沢手前(10:30~11:10)~13:00三ノ滝上部~15:30谷川岳~16:00肩ノ小屋CS2

空の青さを見ると陽に当たったときが楽しみとなる。朝一で泳いだりするが気にならない。さらに美しいナメに遡行意欲がわく。一ノ滝は船田がトップで右壁を登る。下部の草コケを登ると、上部は草付をつかみながら登る。登りきってから左の立ち木でビレイをする。二ノ滝は高木がトップで右壁から下部のシャワーを越え、快適な階段状を登る。右岸の立ち木からビレイし、フォローのために左岸にカムを使用しロープの流れを作る。

二ノ滝を越えて時間が早かったため、谷川岳まで行くことを決定する。時間を計算してから昼食を河原でとり後半に向かう。

三ノ滝沢の出合、三ノ滝は豪快に落ちている。三ノ滝は船田がトップ。下段は滝の水流から三ノ滝沢側へ5mいったところから、ハーケンを辿り登る。下段のビレイ点が曲がったハーケン二枚だった。上段でそのビレイ点は恐かったので、左岸にカムを2つセットしビレイを行った。上段は下部のバンドをつたって右上し、水流すぐ右を直登。草コケが恐いがホールドを見つければ問題ない。草付まで行けば安心。

谷川岳に近づくにつれて傾斜はきつくなり、踏み跡らしきものが出てきてすぐに肩ノ小屋手前に出る。

9月7日(月)2日目 天気 快晴

6:00CS2~7:30天狗平

何事も無く天神尾根から下山し、帰京となった。

関連記事

最近の記事

  1. 4月27日~5月4日 北アルプス 唐松岳・五竜岳

  2. 4月17日 丹沢 塔の岳 政次郎尾根

  3. 4月6日 丹沢 鍋割山

  4. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  5. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  6. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  7. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  8. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  9. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  10. 1月30日  丹沢 鍋割山

PAGE TOP