10月28日~10月30日 谷川万太郎岳縦走

2009年度個人山行報告書

日本大学山岳部 主将 船田良

山域 谷川 仙ノ倉岳 三国峠
期間 平成21年10月28日(水)~10月30日(金)
メンバー CL船田、高橋

記録

10月28日(水)1日目 天気 晴れ

谷川岳ロープウェイの土合口駅にビバークする。平日だからか人がいない。

10月29日(日)2日目 天気 快晴のち曇り

4:05土合口駅~6:30谷川岳~9:00万太郎山~(11:00~12:10)エビス避難小屋~13:30平標山の家

朝食をしっかりとり、真っ暗の西黒尾根を登る。高橋のトップは初めからピッチが早かった。スピードを落としても構わないことを伝えても、どうしても早くなってしまうそうだ。着いて行けるペースなので、それ以上は言わないことにした。朝食のキムチのゲップに喘ぎつつ、2ピッチで谷川岳に着いてしまった。西黒尾根の印象を変えなければならない。谷川頂上手前で日が出てきて、今回は帽子を持ってくればよかったと後悔した。

谷川岳からは芝刈りの手入れがよくされていて気持ちのいい縦走路となる。大障子避難小屋手前の水場で高橋に5ℓを追加する。すると万太郎山手前から少しペースが落ちだした。越路避難小屋を過ぎるころにはバテだし、寝不足に拍車をかける形となった。エビス避難小屋までは登りでは数歩ごとに膝をつき、下りでは足に力が入らず駆け下っていて、まるでボロ雑巾のようだ。バテてから1ピッチ歩かせたところで仮眠をとらせることにした。1時間寝たら回復したようなので、先に進むことにした。仙ノ倉山からは木道が敷かれ快適だ。平標山ノ家の天場に幕営となった。ちなみに山ノ家では水が出ていた。

10月30日(月)3日目 天気 快晴

5:00平標山ノ家~7:10三国峠~10:00猿ヶ京温泉

朝は清清しいが上空には雲ひとつなく今日も暑そうだ。山ノ家から縦走路はヤブを刈った縦走路となりふわふわしている。三国山からの下りは急傾斜の木道が延々と続き、時間以上に疲れた。三国峠からは幅の広い登山道となり黙々と3ピッチ、最後の急斜面を下りると猿ヶ京となる。予定通り温泉につかり、帰京となった。

関連記事

最近の記事

  1. 3月21日〜3月22日  南アルプス 櫛形山

  2. 3月11日~3月12日  南アルプス 日向山

  3. 3月4日~3月11日 【春山合宿】八ヶ岳 蓼科山~赤岳

  4. 2月13日~2月18日 【2月合宿】爺ヶ岳 東尾根

  5. 2月13日~2月14日  南アルプス 入笠山

  6. 2月3日  八ヶ岳 蓼科山

  7. 1月30日  丹沢 鍋割山

  8. 1月22日~1月23日  南アルプス 入笠山

  9. 12月26日~1月2日 【冬山合宿】白馬乗鞍岳・小蓮華山

  10. 12月23日~12月24日  奥秩父 甲武信岳

PAGE TOP