山行報告書

日本大学山岳部

 

  的)1年生の体力の強化、富士山の登頂

  域)富士山(富士宮ルート往復)

日  程)令和4924日(土)`令和4年9月25日(日)

メンバー)4   L 米山未羽

       1年         椎野菜那

OB/コーチ    村上洋道                                                         3

 

 

剣ヶ峰にて(: 1年椎野、右:村上コーチ)

 

行動報告)

924日(日) くもり 22℃

19:00茅ヶ崎駅(村上コーチ車で移動)22:00富士宮口五合目駐車場

 

19:00に茅ヶ崎駅で集合し、村上コーチの車で富士山へと向かう。道中、樹海を通過した

際には濃霧と雨で先行きが不安であったが、駐車場に到着する頃には晴れて星空が見えて

いた。到着後は装備を軽くまとめ、明日に備えてすぐ就寝した。

 

925日(月) 晴れ10℃

04:00富士宮口五合目駐車場~5:25新七合目〜8:30九合五尺〜9:30山頂剣ヶ峰〜10:30

山頂郵便局〜10:40頂上富士館10:501130九合目〜13:20六合目~14:00富士宮口五合目

駐車場〜海老名(解散)

 

3時に起床。標高2350mの駐車場で1泊したが、参加部員に高度障害の兆しはみられな

かった。朝食をとり、準備運動を行った後 4時に出発し、ゆっくりとしたペースで登って

いく。既に開山時期は終わっていたが登山者はまばらにおり、富士山の人気の高さを窺わ

せる。新七合目でご来光を迎えた。秋晴れの空と雲海が日に照らされると 辺りにはとても

綺麗な景色が広がり、1椎野は嬉しそうにしていた。

 

その後八合目での1本時に椎野のSpO2が一時70台後半まで下がったが、本人に自覚症状

はなく、顔色も足取りも良さそうに見えた。そのため、引き続き水分補給を心がけ、ゆっ

くりとしたペースで登山を続けた。

九合五尺から山頂までの道は落石対策のために工事中であったため、山頂郵便局は経由せ

ずにブルドーザー道から直接剣ヶ峰へと向かった。山頂付近でのSpO2は全員80以上であ

った。

 

剣ヶ峰で写真撮影をし、お鉢回りをした後に下山。全員最後まで体調を崩すことなく山行

を終えることが出来て、一安心である。帰りは村上コーチの車で新松田まで送っていただ

いた。

(報告者米山 未羽)

 

1 椎野部員の感想

はじめての3000メートル級の山行で、体調面に不安がありましたが、高山病にもなら

元気な状態で、楽しく富士山を登り切れたのでよかったです。

晴れていて、景色がとても綺麗で感動しました!

 

 

 

 
 
日の出直前〜雲海の隙間から下界の夜景が見えた。

台風一過、雲海が綺麗だった。

 

 
 

9.5合目~山頂までは工事で通行不可のため、左側に延びるブル道を登った。

 

大きなつららが目を引いた

 

お鉢回り中の1年椎野部員