クライミング大会報告書

日本大学山岳部

大会主催者)公益社団法人 日本山岳会 学生部

場  所) 神奈川大学 横浜キャンパス内(クライミングウォール)

日  程) 平成301110() 830分開始

 

参加大学)  法政大 慶応大 東海大 神奈川大 中央大 大同大

      東京農業大 拓殖大 大同大 学習院大 室蘭工業大

青山学院大 日大

 

出場者)  トップロープ部門   喜多嶋拓海 安田光助…以上1年生

            アッパークラス部門  國谷良介(4年)

      大会事務局(運営・進行) 川村洸斗(3年)、村上洋道(2)

 

応援:大谷直弘…以上OB       以上6

 

  気 象) 晴れ  気温15度(競技開始時)

 

           競技が行われるボードの前に集合する。

 

競技報告)

   第7回を迎える日本山岳会学生部クライミング大会に、本学から4年の國谷

主将、1年の喜多嶋、安田の計3名が出場した。

   朝から太陽の日差しがふりそそぐ最高のコンディションとなった。去年より

参加者は少ないが、参加大学の山岳部員が集合し開会式が行われた。

 

 開会式の後、ビギナークラスのクライミングから始まる。喜多嶋は見事に設定ルー

トを完登する。安田も上部まで粘るが完登はできなかった。

昨年に引き続きアッパークラスで出場した國谷は、難しい設定の中で健闘した。

クライミング大会を終え、吉田杯を狙えるいい順位につけた。翌日のマラソン大会

で上位に食い込めば大いに期待できる。

 

   毎年開催されているクライミング大会とマラソン大会は、多くの大学山岳部と交流

することもできるとても良い機会である。来年度は当部からさらに多くの部員が

参加してくれることを期待している。

  (報告者:大谷直弘)

Result

 

@    団体戦(ビギナークラス)    本学出場:喜多嶋、安田 (2位/12) 

A    アッパー・クラス(リード)    本学出場:4年 國谷  (3位/6) 

 

          競技前の日大山岳部チーム

1本目の試技に入る1年生の喜多嶋部員〜写真左(ビギナークラス)

大会後集合写真(参加大学+JAC事務局)