2018年度 夏山合宿報告書(前半登攀合宿)

日本大学山岳部

目的)登攀技術の向上

山域)北アルプス 剱岳(源治郎尾根、竜王岳東尾根他)〜剱沢定着

日  程)平成30731日()〜平成3084日(

   移動1日、実働3日、停滞1

メンバー4年 L國谷良介

          3年  野上博史

     OB  横山 裕、 賀来素直コーチ       計4

8月3日 竜王岳東尾根を経て竜王岳頂上にて

行動報告)

730日(月)移動日

新宿〜富山駅

 國谷、野上、賀来Cが部室に集合。横山OBとバスタ新宿で合流し、4人で夜行バスに

乗り込み富山へ出発。

 

731日(火)入山日 晴れ

05:00富山駅〜室堂08:4011:30剱御前小舎〜12:15剱沢BC

 富山駅から地鉄、ケーブルカー、バスを乗り継いで室堂に到着。暑さと重荷でバテない

ようゆっくり歩き始める。ザックは140s程になったが、バテることなく良いタイムで

剱沢へ着くことができた。キャンプ場はまだ空いていたので、広いスペースを見つけて設

営した。明日は朝のうちは霧がかかる予報の為、源次郎尾根から別山の北尾根に変更する。

 

 

81日(水)別山北尾根 霧のち晴れ 12

剱沢BC04:5005:15北尾根上〜07:35別山北峰〜08:45剱沢BC

 キャンプ場から続く顕著な踏み跡を辿り北尾根上のコルまで登る。一部ガレた急斜面と

なるので落石に注意。

 

 コルからも踏み跡を辿り尾根上を進む。別山岩場の上部にはボルトを打ち込んだ跡が多

くあった。練習に使われているのだろう。リングボルトや残置ハーケンをよく見かけた。

様々なルートをとって登ることが出来そうだ。岩場上部を歩いているうちにガスってきた。

ロープを出す必要の無い易しいルートを選んで歩いて行くが、途中で訓練がてら FIXとス

タカットで1ピッチずつロープを出す。源次郎尾根、八ツ峰に行く前に、2年生の野上に

とっては丁度良い技術確認になった。

 

 岩場を抜けると、別山北峰まではなだらかな尾根上を歩く。この頃にはガスが晴れ、気

温も上がってきた。剱岳を眺めながら、別山を経由してBCに戻る。

しっかりとした歩行技術があればロープの必要も無いやさしい岩稜だが、残置支点やハイ

マツ、ピナクルなどを使ってロープを出せば、下級生を剱岳の登攀に連れて行く前にシス

テムやプロテクションの取り方など技術レベルを確認できる丁度良いルートになるかもし

れない。BCからきれいに見える別山岩場にも上ってみたいところ。

 

 BCで一息ついた後は、野上に懸垂下降時のバックアップやカムの扱いについて指導し、

夕食までのんびり過ごした。

 

82 日(木)源次郎尾根 晴れ 11

剱沢BC03:4504:45取り付き〜09:35T峰〜10:35U峰〜12:10剱岳〜15:40剱沢BC

まだ暗い中、体操をして出発する。クロユリの滝下部までは夏道を歩き、そこからは

アイゼンを着けて雪渓上を歩く。20分程雪渓を歩くと源次郎尾根の取り付きについた。

最初の3m程の岩場は賀来Cが登り、上からロープで確保する。手の届くガバが浮いて

おり要注意。

 

その後は木登りが続き、核心の2段の岩は國谷がリードで登る。野上も難なく登れて

いた。この先の灌木混じりの岩稜は1ヶ所ロープで確保した。T峰手前の一昨年トラバー

スした急斜面は危険なため稜線上を藪漕ぎで抜けた。日が昇ってくると非常に暑く、水分

補給のペースには気を遣う。

 

T峰からは主にクライムダウンで慎重に下降。U峰への登りはホールドがしっかりとし

ており登りやすい。U峰からの懸垂下降は頑丈な杭を支点にリングボルトからバックアッ

プを取った。30m近い懸垂下降の機会はなかなかないので、野上には良い刺激となっただ

ろう。コルからは浮石に注意して登り、1時間で山頂に着いた。渋滞は無く序盤に1パーテ

ィに抜かれたのみで、終始自分たちペースで登ることが出来た。

 

 別山尾根からの下降は、合宿で1年と来た時の注意点などを気にしつつ慎重に下りる。

野上は疲れ気味だが最後までよく頑張っていた。13Lの水も飲み切る勢いの非常に暑い

1日だった。明日はCフェースの計画だが、源次郎尾根から見た長次郎谷の雪渓の状態が

あまり良くなさそうなので八ツ峰は中止。龍王岳東尾根の計画に変更する。

 

83日(金)龍王岳東尾根 晴れ 13

剱沢BC03:3005:10雷鳥沢〜06:30一ノ越〜07:00龍王岳東尾根取り付き〜11:20龍王岳

15:15剱沢BC

 アプローチが長い為、出発時間を早める。雷鳥沢を経由して一ノ越へ向かう。一ノ越か

らは東一ノ越へ延びる登山道を5分程歩くと龍王岳東尾根へ続く踏み跡が現れる。20分で

尾根末端に着いたが、そこからは取り付かず北側を谷沿いに登った。

 

TU峰間のルンゼ近くまで上がり、リングボルトからT峰へ直登するルートを國谷の

リードで登る。出だしは残置ハーケンもある易しい岩を乗り越え広めのテラスに出る。

クラックが走っておりカムもきめられる。ルンゼ脇を直上するつもりであったが、残置に

惑わされ少しルートが逸れた。W程度をカムで支点を取りながら登り、50m程のばした

T峰直下でピッチを切る。ロープが大きく屈曲し流れが悪く、途中で区切れば良かったと

反省した。少し横に目をやると残置がいくつもありルートは様々なようだ。

 

2ピッチ目は賀来コーチのリードで登る。出だしが少し悪いが、越えてしまえばすぐにT

峰ピーク。稜線を少し歩いてピナクルで最終支点。屈曲しないようルートを取れば1ピッ

チで登れただろう。T峰からU峰、U峰からV峰は主に稜線上より北側を巻いて行く。

ロープは必要ないが所々浮石があり注意する。V峰を越えると岩壁が現れる。10m程を残

置ハーケンから支点を取りながら登り、上部は傾斜が緩みハイマツ漕ぎになり、開けた場

所に出た。ここからは踏み跡を辿ってすぐに龍王岳山頂に着く。

帰路は一ノ越、雷鳥沢を経由して剱沢に戻る。連日の長時間行動に野上は疲れ果てた様

子だった。今回は計3ピッチロープを出したが、もっと弱点を突けばロープの必要なく

通過できるルートもあっただろう。また、さらに難しい点を突けばより楽しいクライミ

ングが出来そうな面白いルートであった。雷鳥沢をベースにすればアプローチも楽で入

門には丁度良いだろう。

 

84日(土)停滞 晴れ

 汗にまみれた服を洗濯し、シュラフも干す。夏山合宿前半定着本隊の入山をのんびり待

つ。ストレッチをしてしっかり疲れを取って、明日からの合宿に備える。

(報告者:國谷良介)

 

82日 源次郎尾根

82日 源次郎尾根を経て剱岳頂上

前半の登攀合宿から参加した2年生の野上部員(文理・史)

 

83日 龍王岳東尾根取り付きへ向かう

 

83日 龍王岳東尾根 セカンドで登る2年生の野上部員