日本大学山岳部は1924年(大正13年)の創立以来、三百名近い卒業生を数えます。OB会である桜門山岳会は、海外の登山隊や極地の遠征隊を数多く派遣してきました。1965年から4度に渡るグリーンランド遠征隊や1978年、日本人初の北極点到達は、アドベンチャースポーツとしてだけではなく、学術的にも多くの功績を残しております。

 ヒマラヤでは、1953年の日本山岳会マナスル登山隊から日本山岳会エベレスト登山隊1970、日本山岳会チョモランマ登山隊1980等にも多くの会員を派遣し日本の登山界にも、大きな貢献を残してまいりました。

  ネパール・ヒマラヤのヒマルチュリ南稜初登攀は壮絶な登攀が繰り広げられ、1981年と1986年2度の挑戦でその頂を踏み、当会最大の課題を解決しました。

 創部70周年事業として、エベレスト最後の課題、北東稜登攀の計画が進められ、1995年5月11日、世界で初めて登頂に成功しました。この記録は、ハイビジョンカメラで撮られ、NHKスペシャルで放映。登山隊は、朝日スポーツ賞を受賞しました。高所医学、放射線学、気象学、雪氷学、環境学などさまざまな学術研究も行われています。

 2004年は創部80周年を迎え、日大本部で行われた記念式典では国内外から多くの参加者があり、記念誌 「日本大学山岳部八十年の歩み」  全頁PDF(167.90MB) が刊行されました。
 

↓桜門山岳会短信の閲覧はコチラをクリック↓

(要パスワード)

ユーザー名 nac
パスワード 8848mの山名をアルファベット7小文字で?

 

桜門山岳会(OB会)の活動報告                           ♪日本大学山岳部部歌

顧問/監督 氏名
出身学部
勤務先
海外登山歴
顧問 西山 典宏 松戸歯学部教授
監督 大谷 直弘
文理(S54入部)
(株)綱島名店会館
ヒマルチュリ('81) カンチェンジュンガ('84)

コーチ 氏名
出身学部
現住所
勤務先
海外登山歴

ヘッドコーチ

飯田 祐一郎
生物(H21入部)
東京都品川区
コーチ 斉藤 大輔
法(H3入部)
埼玉県川越市
斉藤工業
コーチ 山浦 祥吾
理工(H21入部)
愛知県名古屋市
会社員
コーチ 賀来 素直
経済(H24入部)
千葉県四街道市
 
コーチ 宝迫 哲史
商(H24入部)
神奈川県横浜市
 

年度

春山合宿

冬山合宿

備 考

1924           日大山岳部創部
1925           大学による公認
1926            
1927            
1928       白砂山と野反湖 針ノ木大沢小屋  
1929       吾妻山一切経 針ノ木大沢小屋  
1930       弥陀ヶ原 白馬岳  
1931       白馬岳 槍から涸沢岳 白馬で木代不二夫遭難
1932       南岳・奥穂高岳 北穂高岳  
1933       立山 剱岳八ッ峰1・2峰  
1934       池ノ谷から剱岳 熊の湯スキー合宿  
1935       谷川岳 熊の湯スキー合宿 池ノ谷は積雪期初完登
1936       剱岳生活 富士山頂天幕生活 2月の横手山で浅倉遭難
1937       剱岳生活 富士山頂幕営  
1938       穂高岳 西穂高岳  
1939       剱岳生活 穂高(岳沢)生活  
1940       岳沢〜天狗コル〜槍極地法 穂高生活 前穂4峰で入来、上関遭難
1941       飯豊山極地法 熊の湯スキー合宿 12月8日日米開戦
1942       八ヶ岳 穂高岳沢生活  
1943       穂高生活 [合宿中止] 戦争激化のため休部
1944       [合宿中止] [合宿中止]  
1945       [合宿中止] [合宿中止] 8月15日終戦
1946       戦後最初6月谷川岳 熊の湯スキー合宿 新学期より体育部再出発
1947       熊の湯スキー合宿 穂高岳  
1948       穂高横尾生活 遠見尾根生活 剱ニードルで伊地知遭難
1949       遠見尾根〜鹿島槍 万座スキー合宿  
1950       剱岳生活 北鎌〜北穂極地  
1951       剱岳生活 奥又〜槍(前穂東壁)  
1952       天上平生活 穂高岳沢生活 平林、小金井雪庇踏抜ケガ
1953       志賀スキー合宿 五竜岳 石坂第一次マナスル参加
1954       剱岳生活 万座スキー合宿 11月富士で8名雪崩遭難
松田マナスル参加
1955       遠見〜唐松生活 遠見尾根生活  
1956       剱岳西面生活 穂高白出谷生活 千谷、松田マナスル参加
平山第一次南極参加
1957       穂高白出谷生活 剱岳小窓尾根生活 7月源治郎で高橋計助遭難
平山南極参加
1958       剱岳生活 穂高横尾生活 12月26日ザイテングラードで菊池、中村雪崩遭難

1959

25

0

25

妙高笹ヶ峰

妙高笹ヶ峰

 

1960

26

0

26

剣岳

穂高連峰横尾尾根

 

1961

24

0

24

黒部源流 の山々

頸城山塊

 

1962

24

0

24

剣岳北方稜線

南アルプス縦走

ムクトヒマール

1963

24

0

24

室堂

明神主稜〜奥穂高岳

春山学生最初の海外登山

1964

18

0

18

妙高笹ヶ峰

鹿島槍〜スバリ岳西面

夏山BC内蔵ノ助に移動

1965

15

0

15

黒部平小屋生活

西穂高岳 ・越後

第1次グリーンランド

1966

19

0

19

北海道中央高地

槍ガ岳

第2次グリーンランド

1967

23

0

23

日高山脈と北ア縦走

北尾根〜穂高岳

 

1968

27

0

27

黒部源流と北ア横断

笠ガ岳〜槍ガ岳

グリーンランド横断

1969

17

0

17

[合宿中止] 

穂高連峰

学園紛争終結授業再開

1970

18

0

18

剣岳北方稜線

飯豊連峰

シタ・ツツラ初登頂

1971

15

0

15

宇奈月〜西穂高岳縦走

北鎌尾根

 

1972

13

0

13

吾妻連峰

妙高

 

1973

12

2

14

知床半島

白山

 

1974

10

3

13

尾瀬スキー合宿

後立山連峰

マッキンリー、ヤルン・カン

1975

13

2

15

尾瀬スキー合宿

谷川岳

 

1976

15

0

15

知床半島

白山

 

1977

18

2

20

南アルプス全山縦走

白山

台湾

1978

27

2

29

南アアルプス小西俣

後立山連峰・越後連峰・八ガ岳

日本人初北極点到達

1979

26

2

28

日高山脈全山縦走

越後連峰

 

1980

15

2

17

白馬岳〜燕岳

白山全山

中山マッターホルン北壁

1981

16

0

16

北方稜線・黒部横断

南アルプス全山分散

第1次ヒマルチュリ南稜

1982

12

1

13

知床半島全山縦走

北鎌尾根〜西穂高岳

 

1983

9

1

10

北海道中央高地全山縦走

剣岳早月尾根

 

1984

7

1

8

戸隠ダイレクト尾根

硫黄尾根

 

1985

6

1

7

立山〜剣岳縦走

北海道日高連峰北部

クスムカングル

1986

5

0

5

海谷山塊

明神岳主稜

第2次ヒマルチュリ南稜

1987

5

0

5

後立山連峰

北鎌尾根

 

1988

11

1

12

[合宿中止] 

五竜岳

廃部寸前から2桁部員入部

1989

14

1

15

白山

剣岳早月尾根

 

1990

18

0

18

北海道中央高地
ネパール・アイランドピーク

越後連峰

 

1991

19

1

20

黒部横断・北方稜線

越後連峰中ノ岳集中 パミール登山隊

1992

20

3

23

南ア全山縦走 

槍ガ岳

 

1993

21

4

25

後立山・表銀座

鹿島槍   

1994

23

5

28

利尻岳北稜 南アルプス マッキンリー、チョ・オユー

1995

27

4

31

知床縦走・横断

槍ガ岳集中

エベレスト北東稜初完登

1996

9

0

9

頸城山塊・中央アルプス

白山

空木岳で斎藤伸司遭難

1997

9

1

10

南アルプス

剣岳早月尾根

 

1998

10

1

11

穂高岳

北鎌尾根〜横尾尾根  

1999

7

1

8

南アルプス 南アルプス北部  

2000

8

0

8

ネパール・メラピーク 越後連峰  

2001

6

0

6

池山尾根〜空木岳 越後連峰  
2002 9 0 9 上越足拍子岳  槍ガ岳  
2003 10 0 10 南ア南部縦走  南ア塩見岳  
2004       南ア鳳凰・甲斐駒 南ア甲斐駒・仙丈 創部80周年
2005 8 2 10 霞沢岳 蝶ガ岳  
2006 10 1 11 甲斐駒ヶ岳 八ガ岳蓼科〜編笠  
2007 8 1 9 南ア鋸・甲斐駒  蔵王  
2008 3 0 3 越後連峰 槍ヶ岳中崎尾根  
2009 7 0 7 笠ヶ岳 八ヶ岳  
2010 4 0 4 笠ヶ岳〜槍ヶ岳 燕岳〜蝶ヶ岳  
2011 7 0 7 実施せず 北鎌尾根  
2012 9 1 10   燕〜大天井〜槍ヶ岳  

 


大学入学後、登山を始めた人でも、海外でのクライミング技術を身につけられるのが山岳部。高所登山への近道はここにあります。
西暦 本会の海外登山 本会員が計画及び参加した海外登山
1953   JAC第1次マナスル(石坂)
1954   JAC第2次マナスル(松田)
1955    
1956   JAC第3次マナスル初登頂(松田、千谷)
第1次南極観測隊(平山)
1957   第2次南極観測隊(平山)
1958   第3次南極観測隊(平山、西田)
JACヒマルチュリ偵察(金坂、石坂)
1959    JACヒマルチュリ(石坂、松田、木村勝久
第4次南極観測隊(深瀬)
1960   慶応ヒマルチュリ初登頂(木村勝久
1961   第6次南極観測隊(深瀬)
1962 ムクトヒマール ホングデ初登頂  
1963 玉山・雪山  
1964   南極ビクトリアランド調査隊(平山)
1965 グリーンランド遠征  
1966 第2次グリーンランド遠征(フォーレル他) 第8次南極観測隊(森田、川口)
1967  スピッツベルゲン遠征 第9次南極観測隊(森田)
1968  第3次グリーンランド遠征(横断・登山) 第10次南極観測隊(関)
1969  東グリーンランド踏査  
1970  ネパール シータチュチュラ初登頂
PDF報告書(31.8MB)
JACエベレスト登頂(松田、神崎、嵯峨野、木村勝久
JAC東海マカルー登頂(尾上、川口)
マッキンリー(川崎)
アタカマ高地探検(今村)
1971   八王子ガンガプルナ(三好)
1972   アンナプルナ南峰登頂(多田、山本芳雄)
1973 
 
ヒマチャルプラディッシュ無名峰登頂(真鍋)
インド・ミャールナラ無名峰登頂(村木)
奥アマゾン探検(今村、川上)
1974  ネパール ヤルンカン
マッキンリー登頂(学生企画)
NTVエルズミア調査(五月女大島
1975   日本女子エベレスト初登頂(中村進
富士山岳会マッキンリー(三好)
1976   直江津マッキンリー(多田、山本芳雄)
JACパミールキャンプ(神崎、前田)
1977 玉山・雪山  
1978  北極点日本人初(学生含)  
1978  アラスカ マーカスベーカー登頂(現役学生)  
1979   チョモランマ偵察(中村進
1980   チョモランマ(神崎、中村進松野
マッターホルン北壁登攀(中山)
ブリグパント(今野)
1981  ネパール ヒマルチュリ(学生含) アムネマチン初登頂(多田、山本芳雄)
1982   チョゴリ支援隊(川辺)
1983    
1984   JACカンチェンジュンガ登頂(平野、大谷、中村進村口古野
JAC学生部ロブソン他登攀(古野)
ヨセミテ登攀(古野)
1985   JACカカサイジモンカ登頂(山本修、鈴木雅博、目黒)
1986  ネパール ヒマルチュリ南稜初登攀
PDF報告書(75.67MB)
 
1987   防衛大チョモランマ(村口
NTVチョモランマ偵察(中村進
1988   三国友好チョモランマ(神崎、中村進村口
ツァガンデグリ(原田雅子)
マッキンリー(坂、池田、小島、根津)
1990  アイランドピーク登頂(学生企画) JAC青年部カンチェンジュンガ北壁(山本茂久)
ワイナポトシ・イリマニ登頂(村口、山本修)
1991   チョオユー登頂(神崎、池田、関、大城、根津、山平)
1992   JACナムチェバルワ登頂(中村進
マカルー(岡田、村口、山本修、石川一郎)
PDF報告書(26.51MB)
1993    
1994  マッキンリー登頂
チョーオユー登頂 PDF報告書(24.7MB)
ダウラギリ登頂(池田、根津)
南極点マラソン(中村進)
1995  チョモランマ北東稜完登(世界初)
PDF報告書(152.50MB)/PDF学術書(84.38MB)
 
1996    マッキンリー登頂(古野)
1997   JAC東海K2登頂(尾上)
アコンカグア登頂(古野)
1998   ガッシャーブルムⅡ登頂(池田、深瀬、根津、片柳、村口)
ガンケルプンスム偵察(中村進
日中チョモランマ学術(村口
野口健サガルマータ(村口
1999   リャンカンカンリ初登頂(中村進)
ムスターグアタ(芹沢、千葉)
中日可可西里学術(村口
JAC雪宝頂登頂(松本、石川重樹)
2000  メラピーク登頂(学生企画) JAC東海第1次冬季ローツェ南壁(尾上)
野口健チョモランマ清掃(村口
2001    冬季アマダブラム・パルチャモ・クスムカン(中村進、山本茂久、千葉)
野口健チョモランマ清掃(村口
2002   エベレスト登頂(村口
2003   JAC東海第2次冬季ローツェ南壁(尾上、山本)
三浦雄一郎エベレスト登頂(村口
明大アンナプルナⅠ峰南壁登攀(中村進
2004  クーラカンリ PDF報告書(28.33MB) エベレスト・ローツェ登頂(村口
2005   エベレスト登頂(井本)
エルブルーズ登頂(井本)
2006   カンリガルポ(池田、嵯峨野、森山)
2008   クーラカンリ(中村進)雪崩遭難死
2011   NHK隊エベレスト登頂(村口田村)
2012   エイシアントレッキング隊エベレスト登頂(村口)
JAC学生部ザンスカール登山隊(飯田)
2013 メラピーク(学生企画)  
青文字 =報道隊員
※JAC=日本山岳会
会報
会報 26号 PDF(159.50MB) 1969年〜1983年
会報 27号   
会報 28号 PDF(32.23MB) 1989年〜1990年
会報 29号 PDF(31.34MB) 1990年〜1991年
会報 30号 PDF(46.57MB) 1991年〜1992年
会報 31号 PDF(27.68MB) 1992年〜1993年
会報 32号 1993年〜1996年
会報 33号 PDF(52.87MB) 1996年〜2000年
会報 34号 PDF(113.26MB) 2000年〜2006年
会報 35号 ※ただ今制作中 2006年〜2013年
   
OB会の活動
2013年 2月16日〜17日 冬季スキー懇親会
2012年 10月21日 天幕懇親会
2012年 2月11日〜12日 冬季スキー懇親会
2011年11月 6日 天幕懇親会
2011年 2月13日〜14日 冬季スキー懇親会
2009年10月17日〜18日 天幕懇親会
2008年10月18日〜19日 天幕懇親会
2007年10月20日〜21日 天幕懇親会
2006年10月21日〜22日 天幕懇親会
2005年10月22日〜23日 天幕懇親会
2004年10月18日 天幕懇親会
   
昔の山岳部写真集・動画集
戦前の山岳部 74枚 7,397,376バイト(7.39MB)
戦前の山岳部 1939(昭和14)年〜1940(昭和15)年 
日本大学ムクト・ヒマール学術調査隊(ミュールの鈴) 1962(昭和37)年  《25分57秒》